「男3人×女1人ラブホ体験」(読者投稿)」         -色々な夜がある。。
 




  
読者隊員: サラセニアさまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



隊長、初めまして!(敬礼っ)

いつも楽しく拝見させていただいております。
二十代後半にして、わけあって身体をブッ壊してしまい現在セミリタイヤ中の“サラセニア”と申します。

ひたすら療養中の日々ですが人間性欲だけはどこからともなく湧き出てくるものでして…気がつくと隊長のサイトにたどり着いておりました。
隊長をはじめ、読者の皆様のレポートを拝見しておりますと、過去に自分が経験した輝かしい体験としょっぱい(涙で‥)体験が蘇ります。
ということで、今回初めて投稿させていただきました。

もうかれこれ十数年前の体験談ですが、未だに鮮明に記憶にとどまっているので紹介したいと思います。

当時、僕は高校を中退して朝から晩までアルバイト生活でした。
そのバイト先の先輩がツーショットダイヤルにハマってまして、美味しい話をよく聞かされてました。
ある日、バイトを終えて飯を食べていると友人のY君からの電話で「久しぶりやな〜!車届いたから遊びに行こう」とのこと。
当時まだ僕はまだバイクの免許しか持ってなく、二つ返事で待ち合わせ場所で待っていると爆音とともにやってきました…
知り合いじゃなかったら見ないようにしてるような車です。
僕自身は、ヤンキーとかではなかったのですが、やたらそういう“ワル”な友達がいまして、電話をしてきたY君もそのうちの一人でした。
車にはもう一人友人のR君もいて、「今日はスロットで勝ったから、全部おごるから〜」と。

ヨッシャ!金と車があればなんとかなる!と、意気込んでたのですが…
いざ男三人で地元じゃ唯一の繁華街へナンパに繰り出すも、給料日前だったのかいつも以上にガラ〜んとしてて、
あげくの果てには理由もなく、ヤ●ザ屋さんに追っかけられカーチェイスになるわ散々でした。
さぁ、どうしようか〜?となったところで、ふと思い出したのがツーショットダイヤルでした。

さっそく郊外に一軒だけあるテレクラに向かい、そこの自販機でR君が3000円のカードを購入。
テレクラの駐車場で車を停めて、まずはY君がかけました。サクラとか怪しいと思ったらソッコーで切れよ!
と指示してる最中につながったみたいで、なにやらイイ感じで話が進んでおります。
5分ほどして、「うん、じゃあ今から迎えに行くよ。えーと、15分くらい!じゃあね〜。」で、ケータイを切るなり
「○○(地名)の××(24時間営業のアミューズメントパーク)に居るってよ!今から行くぞ!」っておいっ!
相手の特徴は!?歳は!?つーか、○○の××まで15分じゃ無理やろ!?
「大丈夫大丈夫〜!俺近道知ってるから〜」と言って、
普通ならどんなに飛ばしても20分かかるとこを見事に15分で到着!

しかし着いたはいいけど、サクラかもしれないし…化け物だったらどうするよ〜?
なんて会話をしてるとこっちに向かって歩いてくるギャルっぽい娘が一人。
見た目は今思い出すと、欽ちゃん球団の片岡安祐美をケバくした感じで、体系はピーク時の(体重が)misonoってとこでしょうか。
助手席のドアを開けると「えっ?友達も居るの?三人?」
戸惑いながらも助手席に乗った瞬間、今夜はヤレるっ!なんて言うのでしょうかこういうの、オスの直感とでもいうのでしょうか?
名前は…何だったっけな…?忘れちゃったのでミソノちゃんで(笑)
歳は1コ下で、なんでも最近彼氏と別れたとか。などと他愛もない会話をしてると、
Y君が「どっか行こうか?この辺ておもしろい所あった〜?」と、後部座席の僕にバックミラー越しで何かを訴えています。

僕はY君が何を言いたいのか瞬時に察しました。
了解!とりあえず、この道を左に出てず〜っと真っすぐ、その信号を右折して…てな感じでナビしまして、ホテルに到着〜!!
ナビをしてる最中も、「えーっ!なんでホテル!?やだー!!」
…って言ってきた時の対処法を考えていたのですが、ノーリアクションでそのまま部屋へ。

部屋に入るなりR君がソファでビールを飲みだし、ベッドではY君と僕でミソノちゃんを挟みAV観賞。
しばらくして、ミソノちゃん→Y君→僕の順番にシャワーへ。が、僕が戻るともう二人で始めてやがる!
おいコラッ!待たんかいー!!と言わんばかりに、Y君のチ○ポを咥えているミソノちゃんのワレメに指を入れるともう濡れている。
クリを刺激しながらGスポを中指の腹で擦ると、チ○ポを咥えながら感じるミソノちゃん。「んん〜っ、んぐっ‥」
これこれ!AVでよく見るやつです!チ○ポを咥えながら感じるシーン大好きなんです!
当時、AVでオナニーするときのフィニッシュポイントはいつもこのシーンでした。

挿入の準備が出来たところで選手交代。Y君がバックで挿入し、僕がフェラ担当。
おいおい、ゴムは?。。。。。何も言わないので生OKみたいです(笑)
それにしても、この歳にしてすごいフェラテク!ほおばりながら口の中で舌が絡み付いてくる!
どこで覚えたの?と聞くと、「前の彼氏がすごく厳しくて…いつの間にか。」でかした元彼!
バックでパンパン突かれながらもガンバってフェラをしていたのですが、激しくされるうちに「ダメダメ〜!」と言ってチンポを強く握るミソノちゃん。
「あーっ、ヤバい、イキそう!」
Y君、5分もたずにミソノちゃんの背中にフィニッシュ!

背中の精液をティッシュでふき取ってから、今度は僕が正上位で挿入。うっ、なんというキツ目のヌルヌルマンコ。
するとY君がミソノちゃんにまたがりお掃除フェラを敢行!おいコラ!ケツの穴見えるから〜どけよ(笑)など言いつつ、僕も10分ともたず腹出し。
ここで選手交代!。。。ではなく、当時セックスマシーンと化してしていた僕は、お掃除させた後にまたすぐ挿入!
ブッ通しの二回戦は、騎乗位でたっぷり腰を振らせてから正上位でお腹に発射!
ここでY君にタッチ。僕はR君と離れたソファからY君の戦いっぷりをながめていました。
AV以外で他人のセックスを見るのってこんな感覚なんだ〜などと思っているうちに、Y君の二回戦が終了。相変わらず早いっ!

二回戦を終えたY君が冷蔵庫から缶ビールを取り出し一服していると、これまでずっとソファに横たわっていたR君が動き出しました。
ここでやっと真打登場(笑)です。このR君さすがは真打、長い長い!僕とY君が早漏コンビなら、彼はミスター遅漏。
長〜い前戯の後、挿入してからも軽く30分は超えてたと思います。
同い年なのに、ミスター早漏の僕からは考えられません。気づいたらY君は床でイビキをかいて寝てました。
僕も喘ぎ声を聞きながらうたた寝し、目が覚めるとR君ミソノちゃんがベッドで果てていました。

さてさて、休養たっぷりのセックスマシーンはR君を掃けて三回戦突入へ!
今度はじっくりと、元カレ仕込みのフェラを堪能してから、騎乗位と立ちバックで突きまくってやりました。
これで終えることなく、休憩をはさんで四発目。シャワーを浴びるころには外が明るくなっていました。
Y君2発、R君1発(ロングコース)、僕4発、計7発を一人で受け止めたミソノちゃん。

ホテルを出て待ち合わせた場所まで送っていったのですが、帰りの車中ミソノちゃんの目は虚ろでした。

これが自身初の3P体験でした。長文大変失礼いたしました。




隊長より:
き、き、き、貴様はエロ本か!
ちなみにお塩さんの公判の記事を読んだときも同じ叫びをいたしました。

とか言いながら、、ぼく思うんですよね。
そういう無茶が許されるのは10代の頃だと思うんです。
また10代だから許されるんです。
って俺の10代は何も無かったけどな。ワッハッハ

腰振り過ぎて療養中ってオチではないですよね。。
とにかく大人しく療養して元気になってくださいね。





ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(←)※裏マガジン進呈中






隊長が本気で勧めるアダルトグッズサイト→1NIGHT-HEAVEN     その2→NLS   

過去6年間この2店はネット上において他の追随を許しておりません!(変態代表の隊長観点においてですが…)
見てるといつのまにか買い物かごに商品入れちゃってる系の激安な大人のおもちゃ屋さんですわ。



           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る