「ストリップに思う2011(読者投稿) - 妖艶
 




  
読者隊員:ひびき隊員の投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



さて、正月、3月とストリップに行ってきましたが、

ホント玉石混交です。

石の方は「こんなんに金出したくねぇなぁ」と思ってしまうですが、「玉」の方はホントいいですね。



踊り子さんの背景や頑張りを事前にブログなどで見ていったんですが、いやはや@@



その踊り子さんの肌を見るだけで、ああ、忙しい時間の合間を見てエステ行ったり、
美貌は負けるけど肌だけはちょっとした自慢なんだ!と豪語する肌なだけに、

この肌を作るのに時間と手間とお金かけてるんだろうなぁ、

とか

体調大丈夫なのかな、とか

忙しい時間を割いて練習した成果なんだろうな、とか


ホントそんなことを考えてみてたら キリが無い@@


その人の人生の縮図をマザマザと魅せられたような舞台でした。

それで笑ってるんだもの、踊り子さんは。


そんな人生の縮図を文字通り裸になって見せて貰ってるんだから、これがよくない訳がない@@



その人の肌の光沢一つとっても、つま先の上がり具合を見ても感心してしまう私でした。



いや、キモッ とか言われるかもしれないですが、そう感じたんだから仕方がないw

とても美しいステージでした。



しかし、それと同時にストリップの行きつく先ってのはどうなんだろう?とまた心配になってきています。



ストリップファンって若い人がとても少ない。

ベテランファンが多いのは結構だけれども、それだと新規ファンが増えないってのは痛いなぁ。

ベテランファンの頑張りは凄い。私が時々劇場に行くだけなのに、見慣れた客は絶対に何人かはいます。

どんな休日のすごし方なんだ、と少々疑問になってしまいます。(まぁ人の事は言えないんですが)


しかもこのベテランファン同士の会話聞いてると半端無いわ@@

お互いがお互いの知識をお互いに試し合っているような会話ですが、それにしても情報量が凄い。

どこどこの劇場でいつだれが捕まったとか、何年前に誰々が引退したけどまだどこの劇場で働いてるとか、

それで会話のキャッチボールができてるんだから凄い@@


しかしそれはベテランファンだけの絆を固くはするけど、同時に新規ファンにとって敷居を高くしてるような気がします。


まぁ私はそれでも行きますけどね←


バースデーイベントなぞあったのですが、劇場が用意したのはケーキとシャンパン。

それを聞きつけた古参ファンは、自ら集金してクラッカーや追加のシャンパンなど買ってきて

劇場に一言言ってから全員のお客さんにクラッカーを買って、鳴らすタイミングも打ち合わせ。




す  げ  ぇ




まぁ凄いは凄いんだけど、集金したのが古参ファン同士だけってのがアレなんですよね@

私が「私にも払わせてください」と言っても聞く耳持ちやしねぇ@@



まぁ別にいいんですけど、もうちょっと同じ視点でファンを楽しみたいと思いました。




踊り子さんも古参ファンに対するサービスは良くしなきゃいけないのは分かるけど、
新規ファンに対してももう少し…ねぇ、と思うときなどもあります。



まぁ私は意地でも振り向かせてますがね←




これからも私は玉石混交の「玉」の部分を観に劇場に行く事となると思います。

レポートにはならない記事ですみません@@



でもストリップ、一度は見るべきものだと思います




隊長より:
よくわかります。
ストリップはカウンターしかない店の常連さんが多い店のような雰囲気なのかもしれません。
かと言って自分は必ずしもその常連グループに入りたい訳ではない、みたいな(笑

ぼくは近場にストリップが無くなってしまったので大変遠い存在になってしまいました。
広告を打つよりももう少し気軽に入れる値段に下げると良いような気がするのですがなかなか難しいんですかね。
踊り子さんも閑散とした劇場で踊るより札止め状態で踊る方が張り切ると思うんですけどねぇ。

やはりストリップはごく1部を除いては消えていく運命なのかもしれませんが、見守っていきたい日本の文化の一つだと思っています。

ありがとうございました。





外れ知らずの隊長お勧めサイトのリンクはこちらだ。隊長超絶厳選リンク、サイト説明付き




ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)
※裏マガジン進呈中           


読者さまのレポート随時募集してます♪(ワクワクする告知付き)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る