「アナル責めは結構気持ちがいい」    -本来出す場所で入れる場所ではない    



  
読者隊員:こう隊員様の投稿レポート
   (読者投稿TOPへ戻る



隊長!こうです。
ホームページへのアップありがとうございます。(前回記事はこちら
自分の書いたモノがHPに掲載されると言うのは、
嬉しい限りですね。ありがとうございます。

しかし、確かに全て無料・・・、
風俗とチャウという隊長のご指摘ごもっともであります。
そこを反省いたしまして風俗体験談を投稿させて頂きます。 
※隊長注意「風俗以外も大歓迎っすよ」

とは言いましても愚息の風俗経験は少なく、裏風俗と言う怪しげな体験もありません。
そんな中、私的にショッキングな体験がありましたのでご報告します。

時は5・6年前となりますが、まだまだ私が若かれし頃のお話し(今は若おやじです)
世の中には幼少の頃からのお付き合いで、どうしても頭の上がらない先輩なんて方がいらしゃいますよね?
そんな某先輩(以下「兄ィ」)と電話でエロ話をしていたときからはじまります。
何でも兄ィは御贔屓にしている某球団の応援に田舎から出張ると仰っておりまして、その球場の近くには男どもの
パラダイスが広がっているとか、若い時分にそんな話を聞けば兄ィのお供をと言ってしまうのが世の常。

「兄ィ、是非自分をお供に連れてってくだせぇ」
などと言ってしまいます。

ちょうど昼過ぎに現地到着。
兄ィはホームグランドにしてるだけあって地理にも明るい。上手い軽食屋で昼飯をゴチになり、優勝争いをしている某球団の
応援に行くと思いきや、まずは身を清めなければならなんと仰い。兄ィの後ろをついていくことに。

着いたお店はいわゆるマット専門店、当然私はマットプレイの経験はない。こわごわとお店に入り嬢を選択。
一足先にお呼びのかかった兄ィに「グッドラック(親指を立てながら)」と言われました。
さて、嬢はといいますと、

・凄い華奢です(スレンダーと言うより)
・自称21(おそらく24くらい)
・ポニーテールのように髪を結っている
・写真との比較10:7(下降率3割)

と言う感じでして、結構明るい子でした。しかし、風俗なれしていない私はテンパってます。
年下の嬢の指示のまま全裸になり、服を脱ぐ嬢に触る勇気もでず。とにかく落ち着きませんでした。
まず、入念に体を洗われましてしかもアナルまで・・・。

ちなみに女性に尻の穴を触られたのはこの日が始めてです。ローションを垂らしたマットにうつ伏せになり、私は枕部に
しがみつきます。とにかく何が始まるのかよくわかってない。
心配性な愚息も警戒心を強め、サイズを小型化したままです。そこにローションまみれになった嬢が全身でサービス開始です。

これまでエッチとは男が女を責めるものと固定観念があった私はカルチャーショックを受ける。
が、全身ヌルヌルって凄くいいですよね?

しかも乳首があたるのが背中に感じられなんとも心地よい。
心配性だがお調子者の愚息は成長をはじめていました。
ここで思うのですが、うつ伏せマットで勃起するとお尻が上がってしまいますよね?この格好はかなり恥かしい。
恥かしがって四つんばいにならない女性の気持ちが少しわかりましたね。
さて、成長を続ける愚息はマットと喧嘩をはじめている最中、いきなり嬢の足が腹部に潜入!
と思いきやその足が体を絡めながらいなくなりまた挿入!
何が起こったのかわからない私はうつ伏せ状態のまま首を回し嬢の姿を見ると、嬢は様々に体位を変化させ私にサービスを
繰り出していました。

なんともアクロバチック!シンクロナイズドスイミングをマット上で繰り広げてる感がありました。
一言では語れませんが、全裸の女性がローションまみれで大股開いてヌルヌルサービスです。
愚息はマックスに達していました。
するとうつ伏せ状態のまま、どういうことになっているのかわかりませんが、尻だけ持ち上げられた形になってしまいました。
しかも嬢の目の前に私の尻です(いえ、穴です)
恥かしい・・・年下の小娘に尻の穴を凝視されています。しかも完全勃起状態の愚息はぶら下がり状態です。

そしてシゴキだしました。
「あはぅ〜〜〜」
と情けない声を出したのはいうまでもありません。
笑いながら嬢は
「舐めますね」
これで舐められたら愚息はたちまちショットガン化してしまう。たのむもう少しまってくれ(楽しませてくれ)
と思ったのもつかの間、嬢は舐めだしました。
しかも、アナルをです・・・。
アナル舐め初体験です。
年下娘に四つんばい状態でしごかれながらアナルまで舐められました。
ここはSMか?マットだろ?
などと考える余裕はありません、
「はぅ〜〜」
と言う私の声を発しながら、チロチロ舐められる感触が伝わり、愚息を丁寧且つスピーディーにナデナデされながら
発射してしまいました。
「あはは、お客さんお尻感じるの?じゃぁサービスね」
そう言う嬢はおそらく指でしょう私のアナルに入れてきました。
「やっぱり好きなんだね。おちんちんさっきより大きくなってますよぉ」
驚いたのですが、痛いくらい堅くなってしまってます。
たてづづけに発射した事は言うまでもありません。
世の中でおそらくもっとも恥かしい格好のまま逝かされた(しかも年下の小娘に)私に抵抗する気力はなくなされるがままです。
その後も仰向けになった私のアナルに指をいれ、しごかれまして見事な三発目の発射を果たした私は言葉なく嬢を抱きしめてから
店を後にしました。

(初アナルで感じた私って・・・)

そして兄ィと野球観戦で大騒ぎし疲れ果てホテルで就寝。
次の日兄ィにたたき起こされ寝ぼけ眼で連れていかれた先は、これまた初体験ソープです。
「朝いちは安いのだよ」
との兄ィのお言葉に神の声を聞きました。
さて、この後のお話は特にセンセーショナルな内容はないので割愛しますが、この日はソープの後に再びマットのお店に行き同じ嬢に
お相手してもらいました・・・。(はっはっは)

マット:8000円
ソープ:15000円
マット:8000円
くらいだっと思います。

発見。アナルは結構よいらしい。
(アナル未経験者のために・・・かな?)

以上です。



隊長より:
抜きすぎ注意報発令中。。
3発抜いた次の日に早朝ソープへ行き、そのあとマットヘルス。。。抜きすぎです。隊長なら太陽が緑色になります。
ちゅーか3発抜いて8000円は安すぎでは?

あ、アナルが感じたら一人前ってコトで(嘘つけ!)



           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る