ムチムチもたまには良いよねって言った奴出てこい!(読者投稿)  -  ま、ま、一服。
 





読者隊員:イメージ王なお隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



ムチムチもたまには良いよねw
って言った奴出てこい!許さんぞ!許さん!(誰だよw

ワクワクでさっくり車内で時間短縮したいおいらは(理由:賢者モードが半端ないw)
出張の帰りにムラムラが我慢できなくなり途中埼玉県某所に立ち寄る。

立寄ると言ってもまぁ通過速度を緩める感じ。
一通のメールが入る。
「まだ募集してますか?」というのだ。

相手のプロフを拝見すると
な!なんと!自慢は「H」カップのお胸だそうだ。
ただ…
判ってる…
言うな!
判ってるんだ、先輩たち、先人たちのその勇敢な行為によりグラビアみたいな子はここには居ない事は判ってるんだ。

そう!胸でかい=デブ

これが先人たちが導いた答えである(キリッ

自称ぽちゃ。Hカップの持ち主。
お触りあり。
なんとも地雷臭が漂いまくりです。

家の近くまで来てほしい。
うんうん良いよ!
先にお金欲しい。
うんうん良いよ!
10分以上は居られない。
う、うん…おいら早いから大丈夫だよ!

暗い住宅地の路地を入っていく。
ハイビームじゃないと暗くて何も見えない。

居た…
交差点の角にボストロールが居る。
あいにく「天空の剣」は忘れてきたw
おいらの棍棒も柔らかいままだ…

ボストロールはおいらに気が付いた。
戦闘開始。

「こんばんわ」
「やぁ」
朗らかにご挨拶。

「じゃ○○で」
「はい」
素直にお給金を出すおいら

「その交差点曲がって、その先の駐車場で」
「はい」
こいつww
場所も指定かよ、強者か?

雑談もあんまり捗らないw
内心ちゃっちゃと終わりにしようぜ!と思っていた。
この日はとにかく抜きたいしか頭になく誰でも良かったと言っちゃ失礼だがプライドはとうの昔にかなぐり捨てていた。

ただ胸は、胸だけは特筆すべきものがある。
盛り上がり、ボリューム、重さこれは申し分なく素晴らしい!
暗い車内でもその盛り上がりに埋めたくなる。

「じゃ始めましょうか」
と言われ自分が胸を凝視していたことに気が付く。

下半身ダウン!また半裸体ww

まずはその肉肉しい手でのファーストコンタクト。
うむ、温かく柔らかい。更にリズム、もち方、もつ位置
おいら的には合格点だ。

「だんだん大きくなってきたよ!」
「うん、気持ちいよ」

「おっぱい触っていい?」
「いいよ」
と胸のボタンを二個程外すとそのたわわに実った果実はもう出たい出たいと叫んでいる。

さてとと手を伸ばす。
ジョリ。
ん?

下乳下乳っと!
ジョリ。
ん?

持ち上げてみよう!
ジョリ。
ん?

さっきから手に変な感触がある。
固い布が当たる様な…
なんだこれ?

あのさぁ…
なんで絆創膏だらけなんだよ!
なにそれ?ん?

下半身攻撃はまず無理
だって肉が邪魔して下着にすらたどり着けないんだものw

ちょっと待て!
その絆創膏の理由を言え!
「どしたのこれ?」

「夏に汗疹できちゃって、悪化しちゃったんだ」
「あぁそれで絆創膏なんだ」
「うん、だからパイズリできないよ、ごめんね」
「あ、うん、別にいいよ」

胸が汗かいて
汗疹が出来る。
それは可哀想な事だ
苦労も多いと思う。

でもだ!でも!
もう少し柔らかい絆創膏とか…ある…じゃん?

全体的に撫でまわしてみたが
下乳から谷間まで全部絆創膏だらけだったorz

一応胸の上部のみ愛撫。
乳首は性感帯じゃないらしく
くすぐったいと怒られる。
触る場所ねーーーじゃんw
仕方なく手に意識を集中させる。

シコシコシコシコシコシコ。
スコスコスコスコスコスコ。

リズミカルな音が車内にこだまする。
かなり勃起度も高くいい感じだ。
だっておいらの隣でシコシコしてるのは安めぐみちゃんだものw
そう回路が切り替わる。

「あ、すごいおっきくなってる」
「あぁいいよ!すごいいい!」

「いきそう?」
「うん」

「出るの?何処に出すの?」
「いいよ、そのまま!」

あぁおいらの安めぐみがシコシコ…
もう限界だ!

「咥えて!先っちょ咥えて!」
「うん、いいよ!」

ぽちゃな身体が股間にのしかかってくる。
一瞬のうちに温かいねっとりとした口内に飲み込まれる。
頭を軽く抑え気味にして腰を浮かしてフィニッシュ体勢。

失礼だが小声で
「め、めぐみ!いくよ!」
の後
聞こえる様に
「お口に出すよ!」
で射精した。

ちゅうちゅう吸い取る様に上下させてる頭。
なかなか気持ちがいい。

ちゅるんと口から離す。
ティッシュを探しているのかと思ったので
自分の処理を後にして渡す。

「ん?大丈夫!もう無いよ」
「飲んだの?w」
「うん!大好きなのww」
「そ、そうなんだw」

ちょっと打ち解けてきた。

「拭いてあげる」
と言われお掃除フェラ。お掃除とは言わないなw

今度はびくんびくんと賢者タイムに入りつつある物を
半立ちのまま喉元まで咥え入れる。
「あん、がんばってww」

無理ですww

ティッシュで拭いてもらい。
また乗車した交差点に戻る。

打ち解けたのか
やたらと甘えたがる。
「良い子良い子して」
「いいよ」

ちょっと抱きしめるというか抱えると言うか抱き寄せて良い子良い子してあげる。
残念だが可愛さはあまり感じないw

「寝ちゃダメだよね」
「うんw」
寝ようとすんな!

「もう一回咥えてあげよっか?」
「大丈夫だよw」
スコスコ、シコシコは濡れてないとダメージ大きいんだよね
ヒリヒリ感が結構くるし、酷いとお湯とかしみるしねw

「じゃまたね!」
と言っても帰ろうとしないw
おぃおぃ!頼むよ!

「家来る?」
「え?ww」

「誰も居ないし、暇なんだもん」
「俺明日仕事だもんw」

「い〜じゃん、家でエッチしようよ」
「次回にしない?」

誘われてるんだが、あんまり嬉しくない。
嬉しくないし帰りたい。
男なら嬉しいはずじゃん?
でもね、なんかね家行ったら二度と帰れないような気がするのw

「残念だなぁ」
「残念だねぇ」

やっと降りてくれた。
一目散に逃げる体勢だが
ポストロールを轢いてはまずいw

国道に出てまず一安心…
で後はメールの嵐。
次いつ会えるの?
お金いらないからエッチしない?
とかなんとか色々。

怖いなぁ世の中…
合コン行こうっと!合コン!

では股




隊長より:
流石です。
どんな爆弾がきても打ち返すどころかハートフルに包み込む。流石です。
さらに普通なら97%地雷だと思うであろう人との性交描写で俺を勃起させると3度流石です。

忘れてた。忘れてました。
世の中にブスなんて居ないんだよ!これは俺が昔友人に言い放った台詞でした。
いや居る。世の中にブスは居る。でもそれを生かすか殺すかは俺たち次第なんだ!
なにかそれを自分に思い出させるようなお話でした。

あと、暗くて車内って興奮しますよね。
で、明るいお家に行かなくて良かったですね。それが本当の賢者というものです。
モテますなぁ。w (すいませんでも羨ましくないの…)


そんな甘え上手なボストロールにも出会える(?)ワクワクメールとはこちら

なお、ワクワク1位ですがその他の隊長おすすめ出会い系ランキングは こちらです
(順位変動あり)


『ジョリ』でアンジェリーナジョリーを思い出したのは俺だけではないはずだ。。



ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る