「美人局風な物件から魂のヘイブン(読者投稿)  -  怖い怖い饅頭怖い
 





読者隊員:イメージ王なお隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



ごめんよ隊長ww
間違えて送ったら消えてしもうた


なんかねー怖い目にあった…
初めて美人局風な物件に当たってしまったよ

冬の訪れが過ぎてだいぶ寒くなった頃
ワクワクで探した女の子。

まぁなんていうかアクシデントというか
意図して狙った訳じゃないのは良く判るんだけれど
仮に計画的だったらぬっころしてやろうかとおもたww

最初はそんなおかしくもなく一通りの変態プレイ。

みさ(仮名)と名乗る子と最初は飲むだけのつもりだった。
実際初めて会った時は飲むだけで終わり。
この時は期待もしてなかったし、次の日仕事早めだしで
損した気分もなく、普通に「ばいば〜い」で終了。

一週間後に向こうからメールが来て
「飲みたいなぁ」「貴男のも飲みたい」というのは嘘だが
ぐじぐじイジケ気味なみさちゃんをなだめつつ飲み。

かなり飲んでしまいフラフラなみさを抱えて電車に乗る。
みさの降車駅はおいらの降車駅の二駅手前。
駅で降ろしてバイバイタイムしとうと思ってた。

飲んでる時の話で
なんだか脱毛の話になった。
みさちゃんはあそこのお毛毛のビキニラインだけは
永久脱毛しているとの事。

うん、見たい!

でもそんなのを見せてくれるはずもなく…
終電にも関わらず送ってくつもりでいた。
みさちゃんは酔ってふらついている。
「大丈夫?」
「うん」
なんかかわいいw

「俺君今日帰る?」
「なんで?」
「一緒の駅で降りて欲しい」
「なんで?」
デリカシーのない糞男。

「じゃ家の前近くまで送るよ」
「ありがと」

で駅着いてタクシー乗り場へ
駅前はラブホ点在。
「い、いかない?」
「ん?いいよ」
誘い方ビッチングだぜw

そそくさと入りエレベーターで猛烈なキッスを食らう。
「我慢できない?」
「うん」
こりゃそーとーやり慣れてますわw

股間を触るともう下着までびっちょり。
「あん、エッチ」
「濡れてるじゃん」
思わずエレベーターで入れてやろうかと思ったww

部屋のドアをあけすぐさま抱き付かれる。
そのままベッドになだれ込みプレイ開始。
前戯もそこそこ…というか殆どしてないw
洋服着たままの着衣プレイ。

スカートまくり上げて
ストッキングの股間部分をビリっと破り
下着ずらして一気にIN。

挿入後いきなりハイペース。
これ絶対長く持たない…

「そ、そんなっ早くしたらだめぇぇ」
お、おおおおぉぉぉ!
何と言うエロ台詞w
たったまらん!
おちむちむの先からなんか出ちゃうよ…

「みさはエロい身体だね」
「ち、ちがうよぉ、あっ…あぁぁ」

「みさの…中すごいいいよ」
「ほんと、みさの気持ちいい?」

「すっごいぐちょぐちょじゃん」
「うん、俺君のが気持ちいからだよぉ」

正常位でガッチリホールドしてガンガン奥まで突く。
突かれるたびにうぐぅんと小さく喘ぐ姿は萌える。

「いくよ、こんなエロい身体は中に出すよ」
「だめぇ…外だよぉ」
ばっちり中にといきたい所だが流石にそれはマズイ。

早くいかないように休憩する度に
中でうねうね締め付けてくる。

「ほんともうダメかもw」
「んふw好きにいっていいよ」

パンパンパンパン。

「あぁぁぁいく!」
「来て、全部出していいよ!あぁぁ」
スポン。と抜く。

おへそまで飛ぶゴールデンな飛距離。
オナニー時とは違うかなり濃い液体がほとばしる。
それを見たみさが言う
「こんなの中で出されたら妊娠しちゃうよ」

うっとり顔のみさ。
シャワー室へ消える。
出てきた後においらが入ると何やら騒がしくTELしてる。

「だから!帰るから!うっさいんだよ!」
何やら喧嘩モード。

あれ?これ?ヤバくね?あれ?あれれ?
帰ろうww
変なトラブルには巻き込まれたくない。

でも馬鹿は治らない。
みさちゃんは電話を切ると
「ごめんね、馬鹿な男が煩いのww」と笑う。
ちんこちっさくなる。ヘタレだw

「咥えてあげるぅ〜」パクリ。
あぁぁぁ〜気持ちいかもw

「いいよ、みさ、もっとべちょべちょにして!」
「うん」
とろとろホットドッグw

「やばいwもういくかも」
「はやいよ〜w」

違うんだ、帰りたいんだw
だってトラブルの臭いがさっきより強くなってる気がする。

「お口に出していい?」
「えー入れてよーー」
おねだり上手w

「後ろから入れる?」
「でも、もう出そうだから一回出しちゃう?」
「うん」
で再開。

「あぁぁみさ!いくよ!」
「うぃうぃよ」
喉奥じゃ可哀想だから手前気味で発射。
でもそれを舌で受け止めつつそれをまた亀頭に絡めつけてくる。
「うっっつ、すげーきもちいい」

ちゅぽん!
「どうだった?」
「プロテクだなww」
「ありがとw」
ただ、ベッド上のスマホが鳴りっぱなしなんですがww

これはマズイと思いそそくさと帰り支度をする
「えーもう一回しよーよーー」
とは言われるが正直賢者モード。

「また会う時にとっておかない?」
「えー」
「また会いたいし、次はもっとエッチしようよ」
「う〜ん、判ったw」
でまたエレベーターで濃厚キッスをかましながらロビーへ。

ホテル入口でバイバイしようと思ったら…
物陰から
「おぃ待てよ!」とか言われるw

こーーーーーえーーーーー
まじアウトw
え?なんで?誰?え?え?えぇぇぇ!

「はっ?」
人違いである事を願いたい。

「なんでお前が居るんだよ!ふざけんなよ!てめー!」
といきなりみさちゃんが怒鳴り始める。

すると男が
男「お前いつもココ使うからバレバレなんだよごらぁ!」
み「はぁ?死ねよ!糞が!」
あらあら
レディーのお言葉使いじゃないですわ

くるりと振り返りおいらをまじまじ見る男。
「おぃおめー!俺の女に何してくれっちゃってんだ!あぁ?」
「え?美人局っすか?」

「あぁ?オメーが俺の女に何したかって聞いてんだごらぁ!」
「あーーんと」
だってこの状況でSEXしてましたとか言えないじゃん?w

「何もしてないっすよ」と言い切る寸前に胸倉掴まれるww
痛いじゃん、すごい痛いじゃんw

後ではみさちゃんが
「違う男とやって何がわりーんだよ!」とか叫んでおられる。

さて、逃げる準備をしなきゃいけないが、おしっこがちびりそうなのである。
男「金あるだけ置いてけよ!けじめ付けろや!」
み「俺君お金出して!こいつヤバイから!」

え?wwグルっすか?

脱出方法は…ないのか?
ベア・グリルスはなんて教えてくれた?思い出せ!

大通りへダッシュ。これしかない。

「お金ですか?ホテルで使っちゃったんで今5000円しかないです、すいません」
「じゃATMで下ろしてきて!お願い!」
お前が言うか?
さっきまでおいらのちんぽしゃぶってたお前が言うか?

「判りました」
「逃げんじゃねーぞてめー!」
「はい、逃げません」
でもここで何か違うと思った。
こいつらもしかしてATMまで考えて無かったんじゃないか?

一番近いATMなんて知らないしなぁ
「どこが一番近いですか?」と聞く。
すると男が
「センブとかあんだろ!」
「あぁ…」
要は5万よこせという事を言っている。

目の前はセブン。後ろに二人、おいらが前。
さて…

ベア・グリルス直伝w
アドレナリンを出す!らしいですがおいらには無理です。

信号は赤。右からはタクシー左からはバス。
飛び出すぞ!

無理ww死ぬわ!

とうとうセブン入口。
後ではまた二人が言い争ってる。
「ふざけんなよてめー!」
「うるせぇんだよおめー!」

右向け右!で
ダッシュww
息が切れてもダッシュ!
ひたすらダッシュ!
後を振りむかずにダッシュ!

でも後ろで声もしないし大丈夫かな?
と思い後ろを振り返ると誰も居ない。

え?ww

そこからタクシーに飛び乗りすぐさま帰宅。


みさにメールをすると「ごめんね」連呼w
ムカついたんで
「さっきかなりの量が中に出ちゃった、ごめんね気持ち良かったよ」
と嘘送信。

その後
「彼が仕返しに行く!」とか「仲間呼んでボコる」とか
3通位来たんですけど「このメール持って警察に向かいます」と書くと
ぴったりと止んだ。


で馬鹿なのはその2週間後。

みさ「今日会える?この間の事謝るしそのお返しがしたい、いっぱいエッチしたい」
と来たwwありえないだろ!

返信「今頃彼もみさちゃんも警察が探しているよ、早く逃げなきゃ」
と送って着信拒否。

相手が馬鹿で良かったw
これマジ者だったら死んでたと予想。
しばらく出会い系は遠慮しますw

とは言っても今回は
ワクワクが悪い訳ではなく自己責任でした。




隊長より:
大変な目に遭ってるやないですか!
ちゅーかこないだの途切れ返信のあと時間が空いたんですごい気になってたんですよ。
もう気になって気になって夜もグッスリですわ。
まじなおさんメール送信の途中で死んだのかとw

で、ですね。
まぁ逃げ切ったのもあるんですが、なおさんの文才のせいで面白くてしょうがないです(失礼)

ていうかそれは美人局だったのかただの事故だったのか不明ですね。

いやでもホント良かった無事で。。
ていうか良かった相手がバカで。
そしてその後なおさんが会いに行かないお利口さんで良かった。(当たり前)


ただちょっと中華娘から流れが悪いですね。
ホントに少し大人しくしてた方が良いかもしれませんね。

俺が言うのもなんだけど。

でも、ああ良かった。。


ドキドキする。なんかドキドキする!な(?)ワクワクメールとはこちら

その他隊長おすすめ出会い系ランキングは こちらです
(順位変動あり)


女って怖い。本当に怖い。でもニッコリ微笑んでくれたら全てを許してしまうんだ。



ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る