1ヶ月の努力が実る(読者投稿)  - やる気出てきた
 





読者隊員:むんむんパトロール隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



隊長!!お久しぶりブリ!!あっ出ちゃったw
シャッシャッ・・キレイに拭かないと!フゥ~~~~
前フリはこのくらいにしておいて。むんむんパトロール隊員です!

私、しばらく闇に潜んで獲物を物色して一撃必殺を繰り出そうと日々パトロールのみを行って
我慢汁のみだけで頑張っておりました。一ヶ月くらい前より獲物を計画的に追いかけておりました。
女性のプロフは30前半・既婚・縦155cm・B87・W58・H87・既婚女性でした。掲示板に書き込みは一切無く、
日記をたまに更新しておりましたので天使の皮を被った悪魔は善人ぶりブリ!あっ出ちゃった!

日頃の悩みみたいなのを励ましながらサイト内のメールで関係を深めておりました。
一週間前ですが人妻さまより「なんか安心できる人なんですね?」「どんな人なのか会ってみたいです」とのメールが・・

あはははは!わしの勝ちじゃーーーー(^__^)

豚豚拍子←訂正!とんとん拍子で子供が保育園に行っている昼間にお会いすることに。
約束のランチがおいしいお店で待ち合わせすることになり私は時間を厳守する男であり待つこと5分・・
私がいる席をメールでお伝えし店員さんがお連れした女性は私のイメージ通りの小柄でとってもかわいい女性が!!
いろんな話をしていると女性は31歳で子供が一人いることが判明。

2時間程お話をした後にかなり打ち解けてきて効き上手に徹しておりました。
苦節一ヶ月という精子1ℓ分ぐらいの労力を費やしていた為に今回はいい奴に徹しておりました。
会計を私が済ませて「じゃあまた!」ってわざと帰るふりをすると

「もう帰っちゃうんですか?私まだ時間大丈夫ですよ!まだまだお話をしたいし」

と狙い通りの言葉が返ってきました。どうするなんて野暮な事は決していいません「じゃあ行こうか?」に対して

恥ずかしそうに「うん!」ということでホテルへGO・GO・GO~~~~

一緒にお風呂に入ると予想通りのプロポーションにすでに息子はフル勃起状態w
湯船に浸かりながら彼女のおっぱいを揉む・揉むそして吸い・舌でコロコロすると彼女かなり感度が良く
秘境から雫が出てまいりました。お口のサービスをしてもらいテクは中の下というところでした。

いざお風呂でバックから挿入してピストンを繰り返すと彼女はまるで小鹿のように「いく~~~」を連発し
足ががくがくなるまで高速ピストンを繰り返ししてあげました。
そのままベッドへなだれこみ濃厚フェラをしてもらっている間に手マンでもしおふきをさえせてあげました。
彼女曰く「自分は潮をふくなんて思いもしなかった」
とその後に私が知りえるありとあらゆる体位で彼女を攻め立てて何度もいかせてあげました。

最後にはバックでも立っていられなくなり「壊れちゃう~~~~」「早くいって~~~」といわれましたので
正上位に切り替えひくひくなっている彼女にどこに「どこに出してほしい?」と尋ねると「もうでこでもいい!!」との回答があり
私も彼女も家族がある身なので口の中に大量に放出しました。驚きのごっくんでした!

その後にもう一回戦行い私が2回・彼女は何回いったかわからないくらいイッタようです。
彼女は死んだように1時間程寝ておりました。その寝顔が異常にかわいくて更に風呂に入ってからもう一回戦行いました。

「こんなにすごいのは本当に初めてだった。すごく良かった」

とのお褒めの言葉をいただきました。しかもタダマン!直アド・番号も教えていただき定期確定です。

しかもホテル代のみでハイスペック女性とやれるなんて一ヶ月が報われた日でした。

 あ!一ヶ月闇に潜んでいる期間も定期とは頻繁に会ってました!嘘つき!!

長編小説のような嘘のような本当の話!ついにSEXも極めてきたような気がしております。



隊長より:
いやーいいですね!すごく良い!

なにって、その出会い系のお手本のような流れが良いです。
非常にそそられるものがあります。
もちろんタダマンだろうがなんだろうがそんな事は関係ないですわw

しんでしまえ!って言うぐらいに素晴らしいご報告をありがとうござました。

↑ 冗談ですよ。(目はマジですが)




そんな良い事があるとか無いとかいうgggなワクワクメールとはこちら 

その他隊長おすすめ出会い系ランキングの現在 

1位 ワクワクメール 
2位 ハッピーメール
3位 YYC です。 

詳細はこちら



間抜けな管理人のせいでUPが2月の終わりになりました。。




ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る