「伝言ダイアル体験記(読者投稿)」         -あ、おれその伝言ダイアル知ってる!? 



  
読者隊員:カムチャツカ隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る


はじめまして体調様?まちがえた、隊長様、最近知って面白おかしく拝見させていただいてます、
カムチャツカ隊員と申します( ̄^ ̄)(なぜか偉そう)、たいした話しではないのですが、ぼくの苦いのか、
甘いのかよく分からない体験を聞いてくだされ、あれは今から五年ほど前の話しなんですが、イケてる
アイ○ットという伝言ダイアルがありまして、これは通話料金以外にお金はかからないうえに、夜中に
聞くとなかなかいやらしい女性のメッセージが入っていて、何度かテレホンセックスまでこぎつけたことが
あったので、今日は普通のメッセージを入れてる子と話しをして、テレホンセックスまでもっていければもっと
興奮できると思いチャレンジ、何とか電話までたどりつき、話しをはじめました、相手は21歳香川県の看護婦さん、
しかも声がかなり可愛い、(意地でもってテレホンセックスまでもっていきたい)、息子すでにギンギン、
高ぶる気持ちを押さえまずは世間話〜恋愛〜エッチ話、電話で喋ること一時間半、とうとうテレホンセックスまでこぎつけました、
僕自身かなりの興奮で一回じゃおさまりがつかず二回ぬいてしまいました、

話しはまだ続くんですが、スッキリしたあと彼女が(会ってみたいな〜)と一言、(僕は大阪に住んでいるから香川県はちょっと遠い)と言うと
(来週連休があるから大阪まで行くから会おう)と言われ会うことに、(マジですか、こんな美味しい話しあるのか、都会はすげー)
<実家は北海道の郡部>と、なんの疑いももたず、一週間オナニーせずにまちました、とうとうやってきました、
(21歳看護婦、しかも可愛い声)期待感たっぷりで待ち合わせの場所へ、しばらくして僕の電話がなった、

(キター(^o^;))ドキドキしながら彼女を探す、彼女は白いセーターにスカートをはいている、
すると一人電話をもって話しをしている白いセーターをきた化け物に目が止まる、(まさか)恐る恐る彼女に(手を上げてみて)と僕、

上がった(-o-;)、間違い無くあそこにいる化け物のてが上がったのである、気の弱い僕は逃げることもできず、そのまま居酒屋へ、
近くで見るとさらに凄いブサイクで、どっからみてもダンプ松本、体も顔もである、(飲まずにいられるか)と大酒を食らう僕、
酒の力で彼女とベッドイン、汗でベトベトになった丸太のような足を両手で開き彼女の中へ、
目をつぶり必死で腰を振ってフィニッシュ( ̄□ ̄;)!!、その後も彼女から連絡はあったのですが、着信拒否にしてあったので
なんとか関係はそれっきりになりました、世の中うまい話はそう転がっていないですね(^_^;)



隊長より:
なんでベッドインするかなぁ?
ぼくなら逃げますね、彼女が手を上げた瞬間に。。脱兎のごとく。。(逃げ足は速い男ですから)
と、言いつつも待ち合わせデリヘルでは逃げられませんでしたね、ぼく。あはは。



読者さまのレポート随時募集してます♪


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る