「確かめに行った話(読者投稿)  -  こんにちは世界
 




読者隊員:愚息69号隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



たいちょ!貴方の木人形(デク)、愚息69号ですよ!
触れずに発射出来る仙人になる為、日々、修行に励んでいますか?

さて、前回のトロル(ホルスタイン種)に遭遇した報告から日が浅いですが、恐らくメンタル的に成長したので
続けてご報告致しますです。

前回の経験から、利用した店舗をあべしレベル4と認定し、2度と訪れることが無いと思っていたのですが、
たいちょ!ならどうしていたか思案に耽っておりました…。

たいちょ!の教えで「臭いかどうかもう一度確かめる」というものを思い出しました。指先に染み付いた匂いを、
臭いとわかっているのにもう一度嗅いでしまう…という上級者向けの技ではありますが、一度の体験で
あべしレベル4にしてしまうのは、あまりにも早計かもしれないので、もう一度潜入調査に向かうことにしました
(アブク銭が残っていたのが大きいですが…)

例によって受付の応対はいいのですが、前回の経験から、試したいオプションを念押ししたのと
「次にトロルを派遣したらコロス!」
と伝えて、戦闘リングであるホテルに愛車を走らせました。

やはり激安店である為、不安は否めませんでしたが
「壁越しに突き出した男根を早抜きするニューハーフ」のAVを鑑賞しながら待つこと20分。呼び出し音が鳴りました。

うーん…確かにトロルではないが…。いや、スタイルはいいんですよ。程よくスレンダーですし…
むしろレベルは高い方なんじゃないかという感じで…。でもフェイスが残念…。
例えるなら、某三兄弟の次兄が得意とする有情の拳を受けたとでもいいますか…。まぁとにかく残念なフェイスの方が立ってたんですよ…。

でも、ノリもいいですし会話も弾むので、いっそこのままファイトせずに帰ろうかと考えた位ですわ。

しばし談笑していると、その有情さんからシャワーに誘われたので、乗り気では無かったですがいざプレイ開始となりました。

しかし、この有情さんテクが半端じゃないです!まるで「触れられるだけで性的な刺激を感じるようになる秘孔」を突かれたかの如く、
快感の波に翻弄されます!

おまけに、自分ではオプションを伝えていたのを忘れていたのですが、有情さんはそこら辺もしっかりしています。
ご自身のイエローゲートへ息子を誘います。

また、このイエローゲートが、本番よりイイと言っても過言ではないぐらい気持ちいいんですよ!

僅か数秒で昇天した自分が、暫く賢者モードに突入していると有情さんが肩にもたれ掛かってくるんです。
こういう女性は嫌いでは無いです…フェイスが残念じゃなければ…

その後は、きっちりもう一回イエローゲートを堪能させて貰って暫く談笑していました。

有情さんが嬉しそうに「タダで貰えたんですよ」と真新しいタブレット端末を見せてくれるので
「その傍らに持ってるWi-Fiルーターで2年縛りされて騙されてますよ」
と教えてあげるべきか迷っていたら、時間となりましたのでそっとしておきました。

帰りは、恋人の様に手をつないでホテルの駐車場まで見送ってくれました。こういう女性、嫌いじゃないです
…フェイスが残念じゃなければ…。

そして愛車のエンジンを始動させた時、頭に浮かびました。

「エロ本は迷ったら二冊とも買おう!いやらしいからな!」
「風俗は迷ったら両方行こう!気持ちいいからな!」

たいちょ!やはりフェイスの残念な方はその他でカバーするんですね!普通なら…。

以上、中身の無いご報告ですが失礼します。



隊長より:
なにやら右手でうんこを掴んだので次は左手でうんこを掴んでみようというような類の勇敢なお話ですね。(意味不明)
意味は不明ですが嫌いじゃないよそのストロングスタイルw

でも良かったですね。当たりで。(当たりですよ)
ブサイクなんて心の病気です。心の病気なんです。
気持ちが優しげな人なら部屋暗くしちゃえば抜群に良い女です。(←人事だと思いやがって)




思わず頬に手を当てながら眺めてしまう アダルトグッズショップ(NLS) (ブックマーク確実のグッズショップのご紹介)


整い顔はあんま好きじゃないです、スレスレの?ギリギリの?顔立ちが大好物です。。




ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る