「雄琴のおもひで(読者投稿)  -  震災から生き残ってくれてありがとう
 





読者隊員:小次郎隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る


隊長、お久し振りです!
パンストフェチの小次郎です!(笑)

現在、絶賛就職活動中につき、風俗や出会い系などのいわゆる性春活動はお休み期間となっておりますが…
その欲求不満を解放するかの如く、レポートを送らせて頂くことをお許しください。(禁句:解放する場所は他にもある。)

さて、私、生まれは神戸の福原近く(ちなみに震災で火の海の中、こんなのが生き残ってしまいました。)、
そして物心ついてからの育ちは雄琴の近くと、幼きころよりソープには慣れ親しんで(?)おりました。

今回は、私が18歳の夏、雄琴に初めて突撃した際の話です。一笑に付して頂ければ幸いです。

大学生活にも飽きてきた夏、私はパチンコで得た泡銭を泡のように泡姫に使うことを決意し、車を雄琴へと走らせました。

しかし、悲しきかなこの頃の私は呼び込みのおっちゃんをかわす術を知らなかったのです。(若かった)

おっちゃんは特攻隊の如く私の車の前へ!!いや、轢くって!!おいっ!!

「お兄ちゃんえらい若いやんか。お姉さんが好きなんやろ?うち来たらお姉さんが可愛がってくれる思うで。」

(…なにイ!?…こ、こいつ、なんで俺がお姉さん好きだと言うことを知っている…!?)

「ほんまはもーちょい高いんやけどな、お兄ちゃん若いし男前やから、60分で13000にしたるわ。」

「行きます。」(即答)

(…が、後にこれはHP割と同じ金額であることを知り、殺意を覚える。)




…そんなこんなで…




私が訪れたのは「Nの城」というお店。
そしてそこで目にしたのは…


「こんにちはー!…いやー!えらい若いねぇー!!」


(…だ、誰だコイツは…大学のトイレ掃除の人か…!?お姉さんはどこだ…俺のお姉さんは…ああっ!!)


…私は齢18にして、ソープでの「お姉さん」という言葉が持つ魔力を知りました。

恐ろしい。それは恐ろしい魔力。
いや呪文。お姉さんと言えば、大抵の怪物はそれで片付けられてしまう。魔王も恐れるであろう、魔の呪文。

…しかし、あろうことかソイツは凄まじい技術の持ち主だった。

(い、いやだ…こんな怪物でイってしまうなんて…俺のプライドが…人生が…青春が…あの子の笑顔が…!!!!)





「あ、イクっ!」(×2)




帰り際、私はこう思っていました。


これからは40オーバーの時代だな、と。




以上が、切なくも新たな概念に辿り着いた私の初雄琴のおもひでであります。

就職活動が終わったら、再度突撃したいと考えています。

そしてその時は、怪物スゴ技おばちゃんの首を取ってきます!!




それでは、隊長及び諸先輩方、どうかお元気で!!



隊長より:

王道の風俗ネタに飢えておったとこです。
ありがとうございます。
悲しいのか嬉しいのかよく分からないレポートですが、
1人の熟女好きが誕生したと考えます。

良く考えると60分で2発はお得ですよね。ほとばしる若さですよね。

就職活動がんばってください。俺みたいな大人にならないように(ほっとけや





NLS(激安のアダルトグッズ店です)(

アストログライド(ローション)だけは俺を裏切らない(裏切らない)



そうか、当たり前だけど若者には40オーバーは熟女なのね。。



ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る