チャットで人妻と生で即会いですわ(読者投稿)」       ー海水を飲んでないのに潮を吹くのはなぜ? 



  
読者隊員:こう隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る


お久しぶりであります隊長!
こうであります
いつもと変わらぬ平々凡々な生活を送っていたので、投稿をするような内容もなく、ただただ、HPを拝見しておりました。

本日、投稿をさせていただいたのは、つい先日、素敵な女性とであってしまったので、興奮冷めやらず投稿させていただくこととしました。

結構仕事が忙しく、前に投稿した24歳女子とも会う機会がなくホッて置いたら連絡も帰ってこなくなった最近と思ってください。
久々に私の活動拠点地域別チャットへ罠をはり、いつものように本を読んでいたと思ってください。
そこに現れたのは30歳人妻

時間は夜の10時、飲んだ後、ネットカフェにいると言う事でした。
設定的に怪しいさが伺えます
ネカマか・・?
などと思いながら話すこと10分
彼女は私の拠点より車で1時間半ほどの場所へいるということです。
「これから行くけどデートでもしますか?」
とジャブを入れると、「遠いじゃん!マジでくるの?」と言う感じのご返答です。
体育会系を思わせるログに怪しさを思い
「電話で少し話そうか?」と提案するとシブシブながらOKのサイン
電話番号を教える事の恐怖に耐え私は番号を書き込んだ
待つこと1・2分TELがなる
女性でした、やはり豪快な雰囲気をかもし出す口調でしたが、女性であることは確認済み
ここまで来れば明日が仕事だろうが何だろうが行くしかないのであります。
楚々草と愛車に乗りアクセル全開で走りましたよ(男の子ですから)待ち合わせ場所付近に来ると携帯が鳴り彼女からの電話
ハッキリいって交渉時間20分もないのであります。
どんな女性が来るのかわからない(向こうもですが)お互いドキドキしながら車に近づいてきた女性がいます。
メガネをかけた165cm程度、外見はスレンダーです。顔は小さめで「お姉さん♪」と言うタイプだと思ってください。

「えっ、この女性が!」と思ったのは当然です。
『今日はエッチしたいモードなんだぁ』と豪語していた女性それが素敵なお姉さんなわけですよ隊長!!
車の脇まできたので窓を開け緊張しながら
「こんばんは、遅くなったかなぁ?」などと話しかける私の声は裏返ってました。
助手席に座りドアを閉める彼女
「よかったぁ、どんな人が来るかと思ってさぁ。断り方考えてたんだよね」である。OKです隊長。
生まれてきて良かったと思う瞬間です。

彼女『ゆきちゃん』のスタッツ
人妻:30歳(指輪してました。はい)
容姿:スレンダーに見えます(ややグラマーと言ってたんだけど)
顔 :メガネをかけきつい感じの目をしてます
言葉:やはり体育会系を思わせる豪快さがあります エロ視点:身長高め、足は長め、Sな感じを思わせます

と言う女性ゆきちゃんです。
とりあえず、車を走らせてホテルに向います。
チャットで一回だけの関係ね
と話していたのでちょっと悔やまれますが一回でもいただけるなら充分と思われる素敵な外見です。
ホテルへと到着すると空室も準備中のランプが点灯していた。
仕方がないので駐車場へ止めて準備が済むのを待つことに。
いろいろ話してましたが、体育会系のしゃべりに押されつつも興奮をする私と思ってください。

私の基本、エッチはキスからと言う行為は忘れず
「キスしていい?」
と助手席から身を乗り出しゆきちゃんへキスをしました。唇が触れ合い、舌を入れるとゆきちゃんも舌を返してきます。
キスが好きな私を夢中です。
服の上から胸を触ると甘い吐息が漏れ出しました。
下の方へ手を滑らすと助手席のゆきちゃんは自分から足を開きます。
スカートをまくり下着の中へ指を滑らせると粘度は薄いですが間違いなくエッチモードになっています。
ぬめりに任せて膣へと中指を入れるとGスポットはザラザラとしていて私の経験上極上の部類に入る膣と思えました。
ここでゆきちゃんの変化は現れます。
いままで豪快さが伺えたゆきちゃんではありますが、表情も潤み、私を見つめる視線には甘えた雰囲気が伺えます。
クリを責めながら
「胸出してくれる?」と話すと従順に従います。
想像してください。助手席で大また開きのゆきちゃんが、クリ攻めに身体をビクビクいわせながら上着のボタンを
はずすのです。
印象的にSだよな・・・
と思っていたゆきちゃんはエロが始まると従順なMに変わるのです。
みずから胸を出したゆきちゃんに対し執拗な攻撃をしかける私は我慢できません。
フェラを要求するとこれも従順に従います。しかもかなり上手い!
玉をさすりながら、舌を出し竿を舐めあげ舐め下げAVでも見てるのかと思うようなフェラです。
後で聞いたのですが「風俗に行ってなかったよね?」と そうするとAVを見てフェラの仕方を真似たのだとか。
たまらない人妻です。
ギンギンになった私は運転席にゆきちゃんを誘うと、自らチンポを膣へと調整してストンと腰を下ろします
生ですよ隊長!
しかし騎乗位は苦手そうなゆきちゃんです。
それでも楽しんでると準備中から空室へとランプが変わり、急いで部屋へを潜り込みます。

部屋へ入り裸になりセックス開始です。
Sかと思ったゆきちゃんはセックスが始まると従順なMへと変わるため、騎乗位は苦手らしく責められるのが大好きな
人妻でした。
そしてです隊長!ここでゆきちゃんの素晴らしい性向がみられました!(私はこれでゆきちゃんにはまりました)
私が仰向けで、ゆきちゃんは四つんばい、私がアソコをもてあそぶため、胸が顔面の前にあるという状況です。
果敢にアソコを指で攻める私、ゆきちゃんは喘ぎまくりです。

すると・・・・
ドボドボドボと大量の潮が私のおなかの辺りに滴り落ちてきます。
感じると潮が出る女性とは今まで何人か経験させていただきましたが、
ゆきちゃんの潮の量は半端じゃありません。
ゆきちゃん曰く「イキそうにんなると潮がでちゃうの」と言うことです。
責めました。私は責めました隊長。
ゆきちゃんは責めれば責めるほど潮を吹きます。
潮を吹きたくなると膣内から尿道部が顔を出してきてピュピュっと吹いてしまうゆきちゃん。
要するに挿入してて思ったのですが、彼女が感じると潮を吹きたくなり膣内が圧迫されるのです。
彼女の気持ちとは裏腹に感じてくると、男達が逝ってしまうのだそうです。
確かにそうだろうと思う構造でした。
が、私はいきません、なんせ『ザ・遅漏』ですから、アナルには弱い私ですが、ドMなゆきちゃんはアナルを
攻めてきたりしませんので、思う存分ピストンを繰り返し、クリでしか逝った事のないゆきちゃんをキッチリ逝かせてあげることに
成功したのであります。
挿入時も含めて約2時間、常に彼女を責め続けていましたが、感じると必ず潮を吹く。こんなに出る女性は初めて見ました。
ゆきちゃんも
「こんなに出した事ないよぉ〜」と大満足の様子です。

最後に二人で風呂に入り(当然責めながらですが)
「1回って約束だったからなぁ。でも凄く好きですよぉ」と言うと
「それは、会う前の事だから・・・・」と彼女も私の責め方を気に入ってくれた様子
人妻さん(子持ちには見えないが子持ち)のゆきちゃんなので気軽にとはいえないですが、また会おうということで分かれました。
後日電話があり、
「今度○曜日の仕事帰りに時間取れるからどうかな?」と言うお誘いの電話がありました。

隊長、大量潮吹きM妻に出会えることが出来ました!
しかもです、メガネを取ると「稲森いずみ」なんですよ^^)
きつい目はメガネのせいで、従順な瞳の潤んだ稲森と思ってください。
結婚後数人と浮気はしたと言うほどのエロさをもつ稲森です。
今は、定期的な相手はいないそうで、どうやら男が頻繁に連絡をよこしすぎて着拒否をしないといけなくなるそうなんです。
たまりません!
数日後に会ってきます。
距離は遠いですが、人生に狂わせない距離と言う事で自分をなっとくさせてます。
直ぐ会える距離だったら間違いなく狂ってますね。

恋人や結婚相手にはちょっと軽すぎますが、間違いなくセフレには最適です。 長続きさせなければ・・・・



隊長より:
うーむ。さすが当HPのチャット王や。。(呼ばれとるんか?)
やっぱり他人のあんまり目をつけない場所(チャットとか)を見すえている人は結果を出しますね。
このあたり株式市場で勝ち残る人と通ずるものがあります。(そうか?)
見た目がSっぽくてHになるとMになる眼鏡をかけた稲森。。。
見つかりません。あー見つかりません。隊長には気の利いた言葉がみつかりません。ゆきちゃんと音信不通になればいいのに!
※隊長の願い(?)もむなしく次回のレポートが送られてきましたので今度UPいたします。

チャット人妻レポート(投稿)その2へ続く



           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る