「緩めの女性との対戦(読者投稿)  - 海は広いな大きいな
 





読者隊員:なおイメージワオ隊員さまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る




隊長様
地震大丈夫だった?  
※隊長注意 このレポートは6月にもらったものです。

今日ご報告するのは
【緩めの女性との対戦】にはどういう心構えが必要か?という事を切々と語りたいと思いますw
俺の地元のワクワクにしてもハピメにしても
所謂「おばさん」「ぽちゃ」「でぶす」と三拍子そろった輩が多く
そのくせやたら金額が高いというなんとも最底辺な地域の一つ。
更には生意気、高飛車、高慢とAVの見過ぎなんじゃないか?
という奴も多い。

ある夜の事。
自称25歳、Fカップ、顔は昔、木下優樹菜に似てるって言われた事あるよ!な方。
どーみても
35歳さらに自傷、お腹の肉はFカップ、キンタローな顔。お疲れ様です!
どーみてもパス!ナイスパス!
高望みし過ぎたみたいだw
次!つぎぃぃぃ!
自称30歳、Bしかないけど…、顔は誰にも似てるって言われたことない。な方。
まぁさ、なんというかさ、こういう人って実際会ってみると綺麗だったりするじゃん?

で、実際会ったんだけどさ、すげー生意気っていうか態度悪いんだよw
入れて、出して、はい終わり。帰ります。お金下さい。
みたいな人なのねw
ホテルに入って、第一声なんだと思う?
「私、シャワー浴びてきたんで脱いで貰えます?」と淡々というのよ。
こっちゃもうちんちんちぼみまくりですわw
俺「業者さん?」
女「いいえ」
俺「だって手馴れてるなーって思ってw」
女「よく言われます」
俺「シャワー浴びたいんだけど」
女「私は平気です」
俺「でも失礼だし」
女「平気です」
淡々と受け答えしててさ、顔に表情が無いんだよ。
そりゃ平気だよねw
フェラもしなきゃゴムつけてはい!挿入!だもんさ。
そうはさせるかよ!と最初は思ったんだけど
もうここまで来るとさ、諦めが先に来ちゃって
どーでもいいや!なんだよね。
俺は頭に来ていた。
更にこの日の為におクスリ(合法)を買って下半身強化に努めているのに相手がこれかよ!な思いが強かった。
ベッドに寝かされ。脱がされ。ローションべっとりな手コキで
半立ちのまま、ゴム被せられて、はい挿入。

え?
え?

温かみは感じるし、奥に行きつく感じはする。
だけどなんだこれ?
お湯の中の筒?そんなもんに俺は入れてるのか?
俺のが小物過ぎて、彼女の穴にフィットしない。
これ俺が悪いの?ちょっと待ってw
だって、俺この間某ソープ行った時も「お兄さんおっきい!!」とは
言われなかったけどここまでスカスカ感なのはなかったし
前回の子もその前の子もキツキツとはいかないけど
普通にエッチ出来たし、平均から言ったらそれ以下かもしれんが
俺自身こんなスカスカ感を味わったことがない。
という事は性的刺激がないのだ!これは大問題だ!
腰振っててもスカスカーーーなんよw
気持ちいいのは奥にぐにゅって当たる感じが鬼頭に来るだけ
後は入口のまとわりつく肉って位。
わざとらしく
「早くいって!私いったから!」とか言ってるけど
スカスカでまったくいかないw
更にはクスリのお蔭で今は意思に関係なく大きくなってる。
俺「体位変えていい?」
女「このままでいい」
俺「このままじゃイけないかも」
女「そろそろ終わりにしていい?」
折れそうになった…心がポキリと折れそうになったんだ。
俺「すぐ終わるよ」
と微笑みかけては見たものの相手の能面は変わらず。
頭の中で今でも覚えてる事「俺、こんなのとよくやってるよなww」
騎乗位から入れたままの正常位に変化。
ローション仕込んでるから、正常位にしたらべちょべちょ(ローションで)
もうね、怒りだね。怒りをぶつけたね、相手との結合部にw
唯一奥のぐにゅぐにゅがなんとなく気持ちいいから
高速でここに当て続ければ俺はイける!と思っていた。
ジョジョ降臨だった。
おらおらおらおらおらおらおらおらおら!
腰が壊れてもいい。
まっすぐ突き進むんだ!
そう、機関車のピストンの様に出しては入れ、出しては入れ。
奥に当たる度にぐにゅ感が鬼頭先端を刺激する。
少しづつ膨らんでくる俺の棒は彼女の秘部の肉を前へ後ろへと搬送している様だった。
ぱんぱんに張りつめた頃、やっと肉壁にかする位にはなった。
この時…この人、フィストとかいけそうだなwとか勝手に思っていた。
だがまた高速ピストンは止まらない。
だってはやく終わって、これをオカズに愚痴を言いながら飲みたかったのw
彼女の能面な顔つきがやや紅く染まってきた、ほっぺとか首とかが妙に紅い。
俺が突く度に「んっ!んっ!」って言ってるけどなんか我慢してるみたいだった。
「あーもうダメ!いって!」
イヤである。おまえの腐れま○こではいかないのである。
このダメっていうのは
あ~ん、だめぇぇ~じゃなくて、子供に母親が怒るみたいな
ダメって言ってるでしょ!みたいな言い方ねw
1分。2分。3分。
無言である。
無言きっついよ~
3分するかしないかだろうか彼女が初めて
「あっ、いやっあっ!」とエロ声が出た。
俺は無言。そのまま突く!突く!突く!
「だめ、あっイク!」
無言。
「なんか言って!」
今更何を言えと言うの?
俺「いきそう?」
女「イク!!!!」
小さくぷるぷるって震えながらいってたけどピストンとめない。
だって俺も…もう少しなんだもんw
もう先端のぐにゅぐにゅに全神経を集中させてた。
俺「いくよ」(ぶっきらぼう
女「あぁぁぁぁ」
ピストンをぴたっと止めてドクドクしたんだけど
気持ちよくないんだよね、早く帰ろっとな気持ちが大きい。
止めた瞬間「なんで止めるの?」ってな顔してたなw
で、中でドクドクしてるの一瞬確認して、びくびくって内腿震わせた。
抜き取ってゴム処理して、相手にティッシュ渡したんだけど
「もう一回いい?」とか言ってんじゃねぇーよ!
俺「あれ?○○さん時間無いって言ってたじゃん?」
女「まぁ…」
俺「ごめんね、時間掛っちゃって」
「すぐイクって言ってたのにね、ほんとごめん」
「正常位嫌いなのに、長時間ごめんね」
下手に出てこれ以上揉めたくない感を出す。
俺「ゴム慣れてないから、遅漏になっちゃってごめんね」
「○○さんの奥は気持ちよかったよ、激しくしてごめんね」
腰が抜けて立ち上がれない俺だが意地でも立ち上がる。
しかし、彼女はなかなか立ち上がれない。
一服した彼女は着替えながら
女「また会える?」
俺「う~ん、どうかなぁ」
お前あの態度でよくまた会える?とか言えるなw
女「え?」
俺「ちょっとwなんていうか、俺事務的な人苦手なんだ」
女「事務的?」
俺「いちゃいちゃしたい人だからw 平気です!早く脱いで!って急かされるの苦手」

女「そうなんだ」
俺「うん、だからクールが売りの子は苦手w」
「黙って、事務的にすりゃ男ちょろいしねw」
「そういうの好きな男性もいると思うよ~」
女「私がクール過ぎってこと?」
俺「いやいや、そこまで言わないよ~野暮じゃんか~」
俺「じゃお会計していい?もう出よう~用意いい?」
俺は逃げる様にバイバイして帰ってきた。
後からサイト内のメッセージを3通位やり取りしたんだ。
「態度改める」みたいな事書いてあったけど、改めるって事は
最初っから知っててやってた訳じゃん?
その歳で改めるって無理だよ、もう根に着いちゃってるから
改めるじゃなくて俺の前では誤魔化すになっちゃう。
「もう一度奥まで」とかも書いてあった
流石にスカスカでしたとか言えないしな、俺の悪い部分もあるだろうし。
俺も気持ちよかったけれど、お互い事務的だから合わないかもね~と返信。
「もう一回位会ってくれてもよくない?こっちがいいって言ってんだからさ!」
と来たから、だからお前とは会いたくないし、事務的なの嫌いって言ってんだろ!
それを自分がクールと勘違いしてたら大違いで、ただただ不快でしかない!
いつか痛い目みたない内にこういうのはやめた方かいいよ!
って言うのをオブラートに包んて送信。
それから来なくなったけど足跡残してくのは不気味w
生意気?高飛車?高慢?な女にガンガン突き立てたという自分なりの納得が無かったら俺落ち込んでたかもw
最後に、いつもなら俺、隊長にレポート書くとき
「女ってのは失礼だから○○ちゃんにしとこう」なんて書くけど
この女だけは仮名すらつけたくなかったなw



隊長より:

お疲れっす。
ちょうどたまたま大阪に居ましてね。しかも中心地の10階に。。
※繰り返しになりますが6月にもらったレポートです(掲載がおせーんだよハゲ)
揺れたね。この世の終わりがきたと思いましたね。
生きてるって素晴らしい。ライフラインに感謝。

さて、ご報告ありがとうございます。
身につまされるお話ですね。ホント出会い系によくいるタイプですね。
それを最後は試合を作ったあたりは流石です。
どんな女でも優しく扱うイメージのなおさんがそれだけ頑なになるのが、色々と伝わるものがあります。

大阪の信太山という新地に行きましたがそこでぼくもまさに気持ちよくないスカスカで温泉かき混ぜてるような感覚に陥って
仕方がないから騎乗位にしてもらって初恋の人を想像しながらイキました。

ああもう。

またなにかあれば教えてくださいね。







災害が多すぎてさ、テンション上がらへんのよね。。




ジャンル問わずキミタチのディープな勃起談を募集してます(↓)




読者さまのレポート随時募集してます♪(ポポポポーン)


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る