「ワクワク体験記:猿の惑星外伝(読者投稿)」         - 俺はこれを奇跡と呼ぶ...
 




  
読者隊員:カウパーさまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



親愛なる隊長様へ。

こんにちは。初めまして! カウパーと申します。
友人のフェラーリ君から「隊長に投稿したよ」とは聞いていたのですが、まさか本当に採用されてしまうとは。
猿の惑星」においてエロ友達Sと紹介されているのは他ならぬ私のことです。

そういえばフェラーリ君に隊長のサイトを紹介したのも私でした。
そもそもは「ヘルス」「本番」などのキーワードで検索していたら偶然隊長のサイトに遭遇してしまったのでした。
フェラーリ君はチンポを握りしめて隊長のサイトを閲覧しているようですが、
私カウパーは我慢汁でテカテカになりながら拝見しております!



さて、フェラーリ君の投稿でも書かれているように、私達は休日をわざわざ合わせ、それは実に計画的に、
ワクワクメールでワクワクしまくろうと謀っておったのです。
地方都市に住んでいるフェラーリ君が高速バスでこっちに向かって移動している最中のことです。
私の方は数日前に仕込んでおいたネタが突然開花するという奇跡が起きていました。

実は3日前に、援の募集をかけていた子(22歳Eカップ)が気になっており、フェラーリ君と遊ぶことになっていた日に
会う約束をもちかけていたのでした。メッセージを送ったものの、3日も連絡が来ないのでとっくに諦めていたんですよ。
そしたらなんと彼女(22歳Eカップ)から唐突に「今夜大丈夫ですよ」と嬉しい返事が来るではないですか!
即、商談成立。いやぁ〜、出会い系って楽勝だねっ。

今夜のセックスメイトが早々と決まってしまった私は、親友であるフェラーリ君と合流する前に彼女と一発キメようと、
あわよくば朝までエロ三昧を尽くそうと、股間を熱くしておりました。

 
 「悪いけどオレもう相手決まったからさ。あとは自分でがんばってよ」(キッパリ)

友人に対してこんな冷たい言葉で突き放した私は、本当に甲斐性のない男です。
フェラーリ君、ごめん。
ただ、その時には、僕の股間はそれほどまでに熱くなっていたのです。(姉ちゃん、素手で触ると火傷するぜ?)



約束の地に車を停めた私は、携帯を握り締め、ひたすら天使が降りてくるのを待ちました。(もうすぐだよ、レイ)
車内にて、前方の視野はもちろん、サイドミラー、ルームミラー、目視!
五感を研ぎ澄ませ、22歳Eカップの彼女が来るのをひた待つのです。
一人で歩いている女性がいると「この子だったらマジ最高!」とか「これだけは勘弁を!」などと評価しながら、緊張感MAXの
状況下で息苦しさに耐えながら待ちます。その感覚は麻雀における役満テンパイに通じるものがあるという。(本当か?)

と・こ・ろ・が!

私の「もう着いたよ」のメールを最後に、かれこれ20分、連絡が途絶えてしまいました。
焦る私。猛る股間。
滲み出る冷や汗。溢れ出る我慢汁。
母さん! ぼっ、僕の中のマグマがっ!

結局30分待った段階で、騙されてたんだと悟り「チっクショウ!」と携帯を取り出す。
もうこの時点で盟友フェラーリ君は商談が成立していました。(それが例の猿(←しかも病気持ち)なんですが。ぷぷぷっ)
私だけワクワクできないなんて・・・そんなことがあってはならんのです! そんなことが許されるはずがありません!(泣)
天国から地獄に堕ちた私ではありましたが、泣いている暇などありません。
起死回生のワクワクを計るべく、再び携帯を開き、新たな書き込みをチェックしてみました。

すると「すぐ会いたい」という20歳Cカップのギャルを発見。
写真も出ていたので見てみると、これはイイ! モロ私好みのギャルではないですか。
彼女にしゃぶられる姿を想像して激しく硬くなった私はメールしながらアクセルを踏み込むのでした。
そして今度こそ本当に会うことが出来たのでした。(やっと会えたよ!)

30分も待ちぼうけを喰らわされた私です。このままでは腹の虫が治まりません。
よくもこの私を30分も待たせおったな! ただでは済まさんぞ!(いや、その子は全く悪くないんですが…)
彼女を助手席に乗せて向かった先はドンキホーテ。
アダルトコーナーに一緒に入りローターやバイブを見ました。
 「これ凄そうじゃない?」 「こんなの入んないよぉ〜」
さらにパーティーグッズのコスプレコーナーでメイド服を発見。
 「これ着てやろうよ」 「あはは〜。別にいいよ〜」
・・・実にノリの軽い、大変良い子のようです。
メイド服(5000円)とローター(1300円)をレジにてご精算ー。
隣にエロそうなギャルを連れてそんな買い物をしている図、誰がどう見てもこの後すぐ使うのは見え見えです!(泣)
しかし日頃からコスプレヘルスを愛用している私です。
今夜は久々に勃ちそうです。(余談ですが私は攻め中に萎えます。更には中折れします(涙))

もうこの時点で半ば満足しかかっていたのも事実なんですが、やはり抜いてナンボです。
遠足は勃ってから出すまでが遠足です。(そのあと? 知らんなあ)
さあ、あとはホテルに着いて熱いプレイを展開するばかり! いざラブホ!
ところがこの子、ホテルに着いたものの、ずっとケータイで友達とおしゃべりしてるじゃないですか(泣)
プレイ中に電話とかかかってきて中断とか勘弁してくれぃ!

と思っていたら、なんと彼女のケータイの充電が切れたではないですか!!
ナイスタイミング! ありがとう神様! ロマンスの神様感謝しています!

 
 「ケータイの充電器とか持ってたりするぅ〜?」
 
 「ああ、今ない」

本当は持っていたんです。ただ、そうでもしないとプレイが始まらんとです。
だって神様が嘘をついて良いと言っているんです。よっしゃ、今日のオレはやるぜ!

そんなわけで最初はちっともやる気がでなかった嬢でしたが、メイド服に着替えたあたりから才能を発揮してくれました。
「カワイイ! カワイイ! マジカワイイ!」と言い続けていると彼女も乗ってきて、ついには撮影会になってしまいました。
携帯電話のカメラで色んなポーズをとらせてカシャカシャと夢中になって撮りまくる私。
最初は「顔は絶対に写さないから」とか言ってましたが、気がついたら「ハイ、笑って〜」やら「そう! もっと舌を出して!」など注文をつける始末。
いい雰囲気で盛り上がりながら買ってきたばかりのローターで攻めまくり、
メイド服を着たままで挿入・フィニッシュ!「アムロ、イキます!」

彼女を家まで送り、残ったのは使用済みのローターとメイド服と携帯に記録されたエロ写真集。
 (その時の写真で今でもオナニーしてたりします。どぴゅっ!)
互いに一戦を終え、合流したフェラーリ君にそれら「夢の跡」を見せたときの悔しそうな表情といったらもう

・・・私は生涯忘れることはないでしょう。
全てを吸い取られたフェラーリ君は可哀想に、魂の抜けた人形のようになっていました。
彼が絞り出すように話す「猿の惑星漂流記」に腹が破れるほど笑わせてもらったのは言うまでもありません。(他人の不幸は蜜の味♪)



今回、ワクワクメールを通して明と暗、パラレルに行われていた二つの対極した話をご紹介しました。
フェラーリ君の猿の惑星の話と合わせて読んでいただくと、彼の体験した悲惨さがより強調されて面白さが倍増するのではないでしょうか。(マジ他人事)

私ですか? ええ、ワクワク大好きっ子です。



隊長より:
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」
これは奇跡の投稿です。まさに真夏の夜の夢!(真冬ですが…)
友人同士で隊長のサイトにご投稿~なんて俺は幸せものでしょうか?(・・)ソウカ?いやでもホントに奇跡です。
しかもお2人揃ってセンス抜群!
ドンキでコスプレ&ローターを購入ですか。。イイですね~イヤイヤ変態丸出しじゃないですか~
充電器持ってない、の嘘?神が許さなくても俺が許します。包茎です。いやOKです。
昔から「嘘も包茎」って言いますしね。(方便とも言います)

なお、ワクワクメールとはなんぞや?という方はこちら → 隊長お勧めリンク(サイトの詳しい説明つき)  

まぁ隊長のHPに出入りする方ならすでに登録済みかとは思いますので体験談を益々募集中です。(特典はナニもありません。わはは)



読者さまのレポート随時募集してます♪


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る