「出会い系サイトでポセイドンアドベンチャー」(読者投稿)         - 勃起はしねぇだろ。。
 




  
読者隊員:ハピメさまの投稿レポート   (読者投稿TOPへ戻る



いつもながら皆さんの投稿、腹抱えて仕事中勃起させてます。
それがこともあろうに・・・まさか・・・自分にも・・・ぶち当たるとは・・・

「午後10時くらいの待ち合わせだけどい〜い?
それとはじめに写メくれな〜い
もし万が一エッチのときはお礼もらえる?
でも食事だけでもいいいけど〜〜
一人の方と楽しく長く遊びたいから(はぁと)
30代前半、スタイル普通、フェロモン系、職業OL、まりな、おじさま好き!」

掲示板で単純に飲みのお誘いをしたところ、こんなメールが着ました。
いつもなら援助系はお断りなのですが、この日に限って仕事でトラブルがあり魔が刺しました。

「飲みだけで終わるかもしれないけどそれでもいい?
タク代は出すよ。
あと写メはないから、もし待ち合わせの時タイプじゃなかったらスルーして!
お互い様だもんね!」

ちょっと年いってるけど今日はいいかっと、私から返信し10時待ちあわせで驚くほどスムーズに合意。

これが冒険の始まりでした。

トラブル仕事の帰り、それまでしらふでいられる訳がありません。
当然、7時からビールと焼酎を数杯飲み、ある程度は何が来ても飲みにだけはいけるぞ!
くらいの臨戦態勢でいました。
(しかしまりなちゃんからの若干エッチなお誘いメールの内容に杯を重ねるごとに、勃起していったことは事実です!)
9時45分、そのころにはまりなちゃんが、金麦の壇れいに変身していたことはいうまでもありません。

ところが伊勢丹前で待ち合わせの指定をしたのですが、急に紀伊国屋前に変更メール?

(敵は紀伊国屋の前は薄暗いことを熟知していた!)

10時10分、もしかしたらスルーされたかとと思っていたところ、突然新宿駅方向から黒い戦車が新宿通りを地響きをたててやってきた。

「すわっ! 自衛隊のテロかっ!」

そこにはバビル2世のしもべ、身長155センチ、体重90キロの小型ポセイドンが「待った〜〜、ごめんね〜〜」っと
黒皮のダブルコートに身を包み満面の笑みを浮かべて、戦車を横付けしてきました。
(最近よくテレビに出てるデブのおかまかとマジで思った!)

「いっや〜いやっ・・・だだだ大丈夫だよ」
「え〜〜〜っと、何か何か何か・・・食べ食べ食べたいっ?」
「仕事遅いね、大変大変大変だねつ!」
普段はトークで盛り上げるのが得意なのですが、この時ばかりはしどろもどろもいいとこ!

できれば速攻振り切りたい衝動を抑えつつ、できるだけ早足で歩いたのですがポセイドンは新宿通りを西にピッタリと併走してきます。
ブッラディーマンデーのように行きかう人々が道を開けます。
いうまでもなく新宿通りは地獄への一本道と化していました。

「食われるっ!」
人間の本能が働きました。
その瞬間、「無理じゃん!ウソじゃん!」っと意味不明なことを夜空に向かって連呼しつつ、脱兎のごとくかけだしていました。

その後ろから「タク代は〜〜〜〜〜〜っ・・・・・」
ポセイドンがロデムを呼ぶ声が聞こえます。

当然、信頼する地下組織に逃げ込み難を逃れたのはいうまでもありません。

その1時間後、ポセイドンから脅迫のメールが
「このハゲっ!(実際におでこは広い)、このくそ寒い冬にコートも着ないで若ぶった格好しちゃって、最低な野郎ね!けっ!」

ハゲでも寒くても結構!ポセイドンからの着信拒否をポッチっと!

ポセイドンも多分女性かと思われるので、大人の?わたしは反撃メールはいたしておりません。


皆さんもお金と誠意だけは大切にしましょ。
本日も新宿に突撃してきます。
最初からアドレスの交換を求められイヤな予感もしますが・・・・・

ではではほんじゃ又



隊長より:
つかもうぜ♪尾崎のジャンボ♪
よく逃げられましたね。
「もし万が一エッチのときはお礼もらえる?」
誘われる可能性が万にひとつしか無いって事なんですね。。
深い文章書きやがって化け物め。。みたいな。。

そうですか。。

大都会の地下街や地下鉄ってのはそういう時の為にあるんですね。。
ビルの屋上なんかに逃げたら大変な事になりますもんね。うんうん。(納得する男)

本来ならそこであえて1発かましての報告が欲しいと言いたいところですが逃げて正解です。
いや人生に正解なんてないんです。
で、また行くの?懲りない人ね。。新宿の星屑にならんように祈ってますけど。

尾崎のジャンボなハッピーメールはこちらです。無料ポイント付。楽しめます。



まだまだキミタチの勃起談を募集してます(↓)        隊長の出会い系潜入体験談はこちら



読者さまのレポート随時募集してます♪


           裏モノ探険隊:一風堂へ戻る