「出会い系の女たち(ハッピーメール前編)」  訳ありすぎ




 - 元風俗嬢あき場合 -    前編




人妻のあきと会ったのは夜の10時からでした。(ハッピーメール)
すごく近くでの書き込みがあって、本来ならばそんな危険な橋を渡るべきではないと思うのですが、
やりとりしてるうちに何か引っ込みがつかなくなってしまいました。

なぜ人妻が夜の10時から?

初めは不思議に思ったんですが意外とこの時間帯は人妻のゴールデンタイムなのだとあとで知りました。

某パチンコ屋の駐車場で待ち合わせる。
時間通りに現れたあきは先ほどメールで教えた俺の車の助手席に乗り込んできた。
バッチリメイクで車内に香水がプンプン漂う。
昼間に送ってもらった写メとはずいぶん印象が違った。昼間の写真は普通の人妻に見えたからだ。
今回、俺も自分の写真を送っていたのでなんか彼女は安心モードになっていたようだ。
やっぱり知らない人と会う訳だから互いに警戒はあるものなのです。

近くのラブホへ向かう。

部屋に入ると彼女は「今日は朝まででも大丈夫」だと言う。
いやいや、俺が大丈夫じゃねーよ。
どうやら夜10時に待ち合わせというのは子供たち(3人)を寝かしつけて(旦那も含む)からしか家を
出られないからだという。※他に夜に会った人妻も同じ事を言ってた。



そこから彼女は自分の半生を語り始めた。(なんでやねん)
ちなみにラブホに入ってからベッドに入ったのは2時間ぐらいあとだった。
そのぐらい彼女は自分の人生を語り続けたのである。
取りあえず一発やりませんか?出会い系なんだし。(心の声)

あきは滋賀県に生まれた。
高校を中退してからスナックで働き始めてそこで知り合った客とすぐに結婚する。
結婚後は金沢へ移り住んだが旦那が絵に描いたようなクズだった。
生活費を家に入れない旦那のせいで彼女はすぐにキャバクラ嬢となる。
旦那は生活費を入れないどころか実は働いてもいなかった事がのちに判明。
やがて彼女は妊娠出産する。いよいよお金が無い。
追い込まれたあきは離婚を申し出るが、その話をするたびに殴り飛ばされた。
そして殴ったあとは旦那は泣いて詫び「俺はお前が居ないとダメなんだ」と言う。
典型的なチンピラやヒモのやり方だ。

あきは子供を育てながらキャバ嬢をやり続けていたが旦那はクズのままだった。
彼女の名前で借金を繰り返していたのである。
その額は3人目の子供が生まれる時には1000万を超えていた。
全てにおいて限界を迎えたあきはついに離婚を決意する。
今回、旦那は彼女を殴らなかった。しかし離婚する条件を出してきた。

1.慰謝料は払わない
2.養育費は払わない

どちらにしろ元々こんなクズに期待できるものではないし、彼女の一番欲しいのは自由と離婚届の判だけなのだ。
彼女は了承した。
離婚して彼女が得たのは自由。残ったものは愛する3人の子供。そして1000万の借金だった。
彼女いわく、自己破産だとか元旦那の借金だとかいう理由で破棄できる類の借金ではなかったという。

彼女にはもはや選択肢は無かった。

ちょんの間で働くことにしたのである。
そこで住み込みで働く事によって借金をある程度肩代わりしてもらえたらしい。(あくまで利息分)
彼女にとっては渡りに船だろう。

だが…

ふとこんなセリフが俺の頭をよぎる。
「あちきは廓の中の鳥でありんした」※鬼奴バージョン
正直ね、今の風俗嬢ってさしたる理由もなく風俗嬢になるんです。
最近聞くのは「新しいスマホが欲しいから」とか。
スマホってタダのやつあるじゃん。って言うと「毎月の維持費が払えない」とか言います。
そのぐらいカジュアルです。隊長の金玉ぐらいに軽い話。
あんま軽い気持ちで入ると一生抜けられないかもしれんよ嬢ちゃん。


あきは毎日泣いていたそうだ。
ちなみに話ながらも彼女は号泣していた。(俺って今日何しにきたんだろう…いやまじで)



「あ、ごめんね。こんな話しちゃって。でもあとから天国が待ってるからね、うふ」 あき

天国って。。本当に召されるんやないやろうな俺。。

このとき、すでに日付は変わっていた。               後編に続く



     裏モノ探険隊:一風堂へ戻る