裏モノ探険隊:一風堂へ戻る




「ドライマスターへの道:ファイナルS進出」 前編    −菊の季節にサクラが満開。 




続くようなフリをしつつもすっかり放置プレイになっていたこの企画が帰ってまいりました。(エネマグラでドライを狙えを参照

正直すでに部屋のインテリアと化していたエネマグラドルフィンである。(飾るかボケ)

それでももう一度だけエネマグラに挑戦することにした。と、いうのもエネマグラから新しく
改良版とも言える商品が発売されたのである。

その名も「エネマグラEX2」である。
ネーミングからすると米軍の新型スカッドかと勘違いしそうだ。(しねぇよ)
前回のタイプからするとひとまわり小さくなったらしい。その点に不満の声もあるようだが
私にとっては朗報である。だって隊長アソコが狭いの。(気持ち悪いなテメーは)
でもホントに狭いんで小さくなるのは助かります。だってさ、M性感だって指1本しか 入れないでしょ?
十分ですよ小さくたって、ねぇ?

と、いう事でNLSにて即買い。
今回は気合入ってますよ。(以下買ったもの)


1:エネマグラEX2 今回の主役。言わずと知れたエネマグラ本体。改良版。

2:ドルシェ アナル洗浄ポンプ

3:アストログライド(113g) 乾きにくいローション。隊長の超お勧め品。(別レポ有

4:ラブオイル ゲイのお方御用達のアナルローション。(今回のポイントとなる商品)

5:センシュアル  注入器型のローション。中身は特別(?)ですが容器が使えそうなんで。。



エネマグラのためのフルセットと言ってもいいんじゃないでしょうか?
本来ならここにエネマグラ教典というエネマグラハウツー本を加えれば完璧になりますが、
本の購入は今回は見送りました。もし興味のある方は見てみてください。それにしても エネマグラだけで
1冊書ける作者に脱帽します。あなたは確実に変態です。(ごめんなさい)

さて到着。実物はコレである。ついでに初代ドルフィンと並べて比較しました。(隊長所有ブツの写真

なかなか良さげだ。思った以上にコンパクト化されている、太いのが好きな人には物足りないかも。
ひとつ悪態…いや難点を挙げれば根元に段々が付いてる事かな。でもズレないための工夫かも
しれません。早速エロDVDを再生しつつ挿入してみることに。。。

「はぅぅぅっ」(お約束)

エネが小さくなったので非常に挿入が楽になったの。その代わり凄まじいまでの圧迫感と切なさ(?)は
少なくなったけど悪くないの。というか隊長的にはこっちが断然いいの。
って、いかんいかん。喋りがいつの間にやらカマっぽくなってるぞ。戻れ!ハウス!!(?)

今までは大量のぺぺ系ローションを使っていたが今回は若干少量のラブオイルを使ってみた。
ホントはアストログライドがいいのは分かっているのですが正直あれは高いので勿体無いので。。

がしかし。。これが! コレがすごくいいんですお嬢さん。 動きが良くて乾かない。

ラブオイルはゲイの方々がお使いになっている品らしいのですがやっぱ彼らはアナルのプロやなぁ。
ええもん使うわ。使わはりますわ。

「前立腺の事はゲイに聞け」 「うまいモンはデブに聞け」 つー感じですか?(後者は無関係)

だいぶ余裕ができたので心にも余裕が出てきます。ドルフィンだと「途中で抜けなくなるかも」という
恐怖感が微妙にあるんですがEX2だと多少時間が経っても抜けそうな感じが安心感を生んでいるのだ。
エネマグラから遠ざかっている間にPC筋を鍛えていた甲斐があって何だかポイントがすごくよく分かる。
言ってしまえば「いつでもドライに行けそう」な感じがするんです。なんかとってもうまくいきそうな予感。。

「くる。あ。。」
逃げた。。。はぉぅ。。ぴゅるるるる。

再び。。

「くる。くる。。あ。。」
逃げた。。。イャォゥ。。ぎゅろろろろ。
はぁ、はぁ、はぁ。 てな具合にずっとこの繰り返し。

「うぅん。うぅん。うぅん。うぅーん☆」 じたばたじたばた♪ こんな感じ。。

気持ち悪い?うるせーこの野郎!俺だって書いてて気持ち悪ぃよ。でも。。。
「うぅん。うぅん。うぅん。うぅーん☆」じたばたじたばた。 まじで。。
マジでイケそでイケない女の子の気持ちが本気でわかる今日この頃。秋だし。(もう冬だよ)

切なくなってきた。あーもう。あの夜と同じくらいに切なくなってきた。(どの夜だよ)

あまりに切なくなってきたので亀頭を直接触る事に。。



後編に続く。  UPしました。    →ドライエネマグラ最終章:後編へ

  
     裏モノ探険隊:一風堂へ戻る