裏モノ探険隊:一風堂へ戻る




「ソープ嬢と店外デートと危険ドラッグ(前編)」 -ソープ嬢と店外デート編




少しデリケートな問題になる。

1つ言い訳をさせてもらうとこの話はマスコミで盛んに取り上げられてた『危険ドラッグ』とか『違法ドラッグ』とかいう
言葉すらなかった、『合法ドラッグ』の時代の話である。
そんなものが街の大人のおもちゃ屋さんのレジの横に普通に置いてある時代だ。
マジックマシュルームが新宿駅前の露天で堂々と売られている。
またそんな存在すら普通の人は知らなかった時代の話である事を留意ください。





まったくぼくが必要以上に仲良くなる風俗嬢はぶっ壊れたヤツが多い。
その嬢はソープ嬢でアルバイト感覚で働いていて顔は正直お世辞にも可愛いとも綺麗とも言えないのですが
脱ぐと全身に刺青があった。シャレオツなファッションタトゥーなんてかわいいもんじゃなくて何と言うか
色即是空な雰囲気なモノホンの刺青だった。ぼくがベッドに座り、彼女がフェラをするのを上から見下ろすと
般若のような像が俺を睨んでいてそれにぼくは異常に興奮していた。
プレイ中もほとんど彼女の顔すら見ずにひたすら彼女の和彫りを見つめていた。

その刺青からは『覚悟』を感じる。彼女の覚悟だ。でもそれが彼女の一部となった経緯については多くは聞かなかった。
脱いだ彼女は美しかった。とにかく美しさを放っていた。少なくともその彫り物は彼女の魅力を120%引き出していたと思う。
ストリップにスカウトされた事があると言っていたがそれも納得できる。
あの全身の刺青がスポットライトを浴びたらさぞかし美しかろうと思う。


と、まぁこのソープ嬢がとにかくアナーキーというかアウトローというかモラトリアムというか良い感じにぶっ飛んでいました。


1.毎晩オナニーするのが日課。
2.電マが嫌いな女なんか居ない、と言い切る。
3.休日はハーレーに乗る。
4.大型ダンプを転がしていた。
5.ハプニングバーによく1人で行く。
6.全身刺青で女王様な雰囲気なのにドM。
7.ソープ嬢なのにフェラしただけで濡れ濡れになる。
8.ソープ嬢なのに本気でイく。(イこうとする)

そんなこんなでいっぺんに彼女が好きになったぼくは再び彼女を指名した。


「変わってんね、○○くん。私をまた指名したいと思うなんて」嬢
そう言いながら(たぶん彼女なりの照れ隠し)プレイはより濃厚になっていました。「どうする入れよか?」
彼女はそう言うとぼくに跨り腰を沈めた。『ありゃあ』ナマで入れちゃったよ。指名すると彼女はナマでするんだ。。
しかしなぁ。
全身刺青はともかくとして(肝炎的に)ハプバーに1人で行くような子とナマでしてしまってええんかいな。

と、思いつつもう入っちゃってるし上でえらい動いてるしグッチャグッチャ音がして濡れ続けているのでぼくも長持ちした。
「いきそう」と彼女が言ったので、ぼくも射精した。彼女はそのまま倒れこみ、その背中に手を回すと物凄い鳥肌が立っていた。
その直後に汗が噴出し彼女の身体はベタベタになり一気に冷たくなった。部屋に汗の匂いがする。
「嘘?うそ?同時にいったの?」
彼女は凄くびっくりしていた。なぜだかその時はコントロールできたのだ。
ちなみに彼女自身が気持ち良いように動いていたのでね、
騎乗位で密着させてクリトリスをこすり付ける感じに。ぼくはそんなに気持ちよくなかったんですけどね。

その日は一貫して彼女はフレンドリーでした。

帰る5分前くらいかなぁ。
イマイチいきさつはよく覚えてないんだけど彼女が上がる後でご飯を一緒に食べる事になった。

「10分で行くから」と彼女は言い、待ち合わせ場所を決めた。
駅の近くに待ち合わせてぼくは駐車場でぼんやりしていた。


ホントに来るんかな。。


するとそこに真っ黒なBMWが入ってきてそこに彼女が乗っていた。
車から降りてきた彼女は驚くほど普通な格好でポロシャツにジーンズにランニングシューズを履いていた。

『こんなにブスだっけ?』

失礼ながら本気でそう思った。そのぐらい彼女は刺青が隠れるとオーラが消えてしまうのだ。

「Hな事は無しだからね」と、彼女は釘を刺す。

あのな。。
外に誘ったのはオメーじゃねぇか。ちゅーかさっきナマで2回も抜かれて何も残ってへんわい。

「お店の人にバレたら、あたしクビだし。お客と店外で会うのはご法度だもん」

いやだからオメーが店外へ誘ったんやんけ。。

まぁこんな感じでね。実はぼくはそれほど乗り気じゃなかったんです。
元々抜いたらさっさと帰りたいタイプなんですよぼくは。(最低やなお前は)

人波のなか、彼女と並んで歩く。彼女の名はカズミと言った。
ホント言うとぼくだってこんなところを誰かにうっかり見られたらやばいのだ。
さっさと食べて帰ろう。
カズミのオススメのラーメン屋に入る。正直何の味かもようわからんかった。
そのまま帰るのもナンですし。という事で喫茶店でお茶して帰る事に。(カズミは煙草が吸いたそうだった)


ここでしばらく話した。


5年前に九州から出てきた事や弟とマンションで暮らしている事や。
夢がある事。
弟の就職が決まったからもうすぐ1人暮らしになる事。
犬が2匹居る。
知人に50万貸して逃げられた事が2回ある。カズミの話は面白くてそこかしこに訳ありな雰囲気もあった。
とにかく人として魅力がある。生き方は少々下手そうだけども。

「アタシ、ほぼ毎晩オナニーするじゃない?ソープで働くのもたまにはセックスしたいだけだしね。
それでこないだオナニーする前に大人のおもちゃ屋で売ってるヘンな紙巻タバコみたいなの吸ったらすごい良かったの」
「マリファナみたいなモン?」
「よくわかんないけどフアンフアンして」
「昔、大人のおもちゃ屋の吸ってみたけど全然ダメだったけどね」
「アタシには効いたけどねー」
「ふーん」

そんなこんなで電話番号とメルアドを交換して帰る事に。
カズミはラーメン屋と喫茶店の両方とも頑としてぼくに支払いをさせなかった。
ラーメン屋の時には「絶対に払わせない」と言ってぼくを制し万札をレジに置いた。

男前やなぁ。

ていうかそれ、ぼくがさっきソープでキミに払った万札やんけ。狭い世界で経済は回っとるもんよのう。(特殊な例)

カズミはぼくの車の駐車場代まで払おうとしたので「それだけはカンベンしてくれ」と言って自分で払った。
これじゃまるでヒモになったみたいじゃないか。


「またお店に行くね」

ぼくはそう言ってカズミと別れた。

帰り道で、ぼくは同じように、『ありがとう楽しかった、またお店に行くね」とメールのやり取りをした。

店外で一緒にご飯を食べた。電話番号もメルアドも交換した。
たぶん、お互い『基本オナニスト』なので波長が合ったのだろう。

でもぼくらが会うべき場所はやはりあのお店の彼女で源氏名の○○であるべきだと思う。


その先にはこれといって展望は何も見えない以上は、、





後編へ続く



   裏モノ探険隊:一風堂へ戻る