「ソープで中出し3連発」         部長!ここは5番アイアンです。




私の行きつけのソープは岐阜の金津園、総額35000円の店だった。
(細かく言うと私は会員だったので2000円引き)
当時私はスデに常連の部類になっており、店員もなじみになっていた。
あろうことかあるとき私に店がダブルブッキングをぶちかました!(俺を誰だと思ってるんだ)
当然に店は平謝り、最高の女性を付けるから勘弁してくれとの事。
吹くじゃねぇか。この手のパターンで良い女が付いたためしは無いが、
ここは、なじみの店員の顔を立ててやることにした。貴様の大風呂敷に付き合ってやる。
。。。。。


私は期待薄だった。
ところがその女性は徹底的に違っていた、部屋に入るなり電気を暗くしていきなりディープキス。
いつもと違うぞ。私は面食らった。彼女は私の口の中を舐め回しながら器用に私の服を1枚づつ
脱がして行き、私の全身にキスの嵐を浴びせつつもいつのまにか自分も全裸になっている。
そしてシズシズとひざまづくと唐突に洗っていない私のチンポをフェラし始めたのだ。
チンポは当然ギンギンで破裂しそうになっている。通常の2割増しだ。(当社比)
それはそれはとてもやさしいフェラだった、慈しむようなフェラだ。
僕の亀頭に彼女の舌が微妙なタッチでまとわりつく筆で撫でられているようだ。声が出そうだった。
これが一生続けばいいのにと思った。が、彼女はすぐにフェラを止め、私をベッドに横にした。
そして彼女は天を突いた私のチンコを優しくつかむのだ、まさか?
彼女は遠慮がちに私の上に跨ってきた。ずぶずぶと入っていく、「ナマだ」 うわ、死ぬほど気持ちが良い。
それもそのはず私は当時プライベートを含め生挿入した事がなかったのだ。
彼女はゆっくり動き出した、(ちゅぷっ、ちゅくっ)静けさの中に、お互いの性器同士が生でこすれる音がする。
こんな気持ちが良いSEXは初めてだ。
「もう出ちゃいそっ、いいの?」「うん、キテ」彼女は吐息まじりにそう言うと、ほんの少しだけスピードを早めた。
射精が永遠に続きそうなほどの快感に体が包まれた。
(ちなみに彼女の中に入っていたのは多分30秒くらいだけ)まさに秒殺です。実際はもっと早かったかも。
イク瞬間ケンシロウの声が聞こえてきた。「天に帰る時が来たのだ」(嘘)
僕がイってしまった後も彼女は僕のチンコが萎えるまで挿入したままだった。
しばらくして、彼女は体を引き上げる。彼女からチンポが抜けると彼女のアソコからポタポタと
僕の体に精液が落ちてきた。中に出したのだ、という実感がさらに湧いた。
すごい。これが本当のSEXなんだ、比べれば今までのゴムツキのSEXなんてお遊びではないか!

彼女はベッドで放心状態で寝ている横に添い寝して僕を優しく見つめた。
そして、当然「早いのね」などとは言わず、「私のお○こ気持ち良かった?今日は一杯しようね」
と微笑んだ。(母さん。僕、天使を見たんだよ。本当だよ)

ここまでで、まだ出会って10分足らずだった(ここは100分の店)
そしてその後、マットで一発。ベットで一発。もちろん全部中出しです。
彼女はイスでも風呂でも暇さえあれば挿入してくるし、咥えてくるしとても礼儀正しいし、
何も言う事ありませんでした。(アンタにゃ教える事など何もない)
まさか33000円の大衆ソープでこんな高級ソープなみのサービスを受けるとは…。
非常にギモンです。何か病気を含めて心配になってしまう。

聞けば、彼女はあの阪神大震災で住んでいた家を無くし、岐阜へ流れて来たのだという。
彼女は以前神戸の福原にある超高級ソープに在籍し、念願のマンションを購入したばかりだったが、
地震によって10階建てのマンションが5階建てくらいの高さに潰れてしまったらしい。
(まったくもって恐ろしい話だ:彼女は笑ってたけど…)
ちなみに彼女は7階に住んでいたので難を逃れたと言うはなしだった。
なお、その店は総額75000円だったそうです。(そりゃ、サービス良い訳だ)
金津園のも6万円以上の高級ソープはあるんですが、なぜあそこに居たんでしょうか?謎です。
しかし翌月、彼女は店から姿を消していました。
多分高級店から引き抜きがあったのでしょうね。

PS.その後、私は高級店に行ったことがあるのですが、彼女以上のサービスには出会えません。
   ちなみに何度経験しても即尺即ベッド(生)は秒殺されます。僕だけですか?

   裏モノ探険隊:一風堂へ戻る